読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪の話題や髪の毛に関する知識や情報を、わかりやすい「お話し」として紹介する髪の専門サイトです。

hairとhairsの違いからみる"髪"と"髪の毛"の違い。髪と髪の毛は同じようであり、微妙に違うところもあるのです。

髪の話題

当サイトのアドレス(URL)は hairs.hateblo.jp なのですが、hairs は hair の複数形です。

ですが髪型や髪色といった髪全体を指す場合は、数えられない名詞になって複数形にできません。

英語はこのように同じ hair でも、文脈や単語の形によって違いがあるのです。

日本語ではどうでしょうか?今回はそんなお話しです。

"髪"や"髪の毛"といった、髪を表すさまざまな言語

"髪" と "髪の毛"

日本語では髪型や髪色といった、英語でいうところの数えられないhairです。

なぜ頭部の毛を髪と呼ぶのか? それを考察した記事もありますので、そちらもご参照してください。

これに対して、数えられるhairで日本語にあてはまるものは髪の毛だと言えます。

頭部の毛は昔から「髪」と呼ばれていました。これは胸や眉といった体の部位の名称と同じだと考えられます。

つまり胸の毛は「胸毛」。眉の毛は「眉毛」。それと同じように髪の毛は「髪の毛」とすれば、統一感もあってしっくりきます。

つまり髪型や髪色・髪質といった髪全体を指すときは「髪」で、毛髪一本や二本、一束や二束など数えられるものは「髪の毛」と使い分ができます。

これには外国の方が日本語を習う時、「髪」と「髪の毛」の使い分けに困ることがあり、ネットではそれに関する質問がいくつかみられます。

参照リンク:

ほかの"髪"を表すことば

先ほどちょっと出てきましたが、頭部の毛の表し方には髪以外にも「毛髪」という表現があります。他には「頭髪」といったものもあります。あと当然「毛」でも頭部の毛を表せます。

"毛髪"は髪と毛をふくめた人体の毛すべてを指す言葉としても使われる場合もあります。その時は他の部位の毛と区別するためにも、頭部の毛は"頭髪"と表現する場合もあります。

ですが基本的に毛髪は頭部の毛(つまり髪)を指すことが多いようです。

"毛"は動物・植物をふくめたすべて生物にある糸状の組織を指す言葉です。つまり髪は毛の仲間であり、同じとも言えます。

"髪" = "髪の毛" なのか?

先ほど「髪と髪の毛は使い分けができる」と書いておいて、上記では「髪は毛の仲間であり、同じ」と書いています。

これをまとめたら、"髪の毛"の"毛"は"髪"の仲間で同じという非常にややこしいことになります。

これはどういうことかと言えば、それは日本のコミュニケーションのスタイルが高文脈文化だからだと言えます。

つまり私たち日本人は、単語の意味だけで文の意味を理解する訳ではなく、文脈全体やその前後の文本体にない意味もくみ取って言語コミュニケーションをする文化だからです。

これは、全体の協調や調和を大事にするタイプの文化で、異民族に触れることが少ない民族で多い特徴です。

例えば、自分に妻がいるとき「私には妻がいます。」と言います。ですが英語の場合では"I have a wife."と、わざわざ1人を表す不定冠詞の"a"を付けるのが普通です

つまり私の妻が1人か複数なのか、ちゃんと言語で伝えなければいけないのです。

これは他民族と触れあうことが多い低文脈文化でのコミュニケーションの特徴で、文化が違う民族が多いため、言語だけで正確に意味を全部伝える必要があるためです。

話がそれましたが、ようは日本語において"髪"という言葉は、その文脈によって"髪"でも髪の毛のように一本二本を指すことこともあり、その逆もあるのです

私たち日本人は、このような使い分けを意識せず自然におこなっているのです。これが英語圏の方にとって日本語が難しいと言われる原因の一つであり、日本人にとって英語が習得しにくい原因の一つだと思います。


このように髪と髪の毛は日本語においては明確な違いはないのですが、同じとも言えない微妙で不思議なものです。

例えば「スープに髪の毛が入っている」や「髪の毛がささった」などのように髪の毛のほうが伝わりやすい表現もありますが「髪が落ちている」「髪の毛が落ちている」など、どちらでも意味に違いがない(または少ない)表現もあります。

ただ、眉毛が落ちていても「眉が落ちている」とは言いません。このように意味的に違いが少ない、つまり"毛"が無くても"髪の毛"としても意味がとおるのは"髪"ぐらいです。髪の毛はやはり、私たちにとって特別なものであると言えるのではないでしょうか。

最後に余談ではありますが、「毛」という字は単位でも使われ「千分の一」を表します。

ただし何割何分何厘何毛といった割合で使われる場合は「一万分の一」を表します。

髪は平均約10万本の毛があるとされていますので、これを単純に一万で割れば10本です。

こじつけのようですが「髪の毛」とは見方によっては髪の一万分の一、つまり約10本程度の髪の毛のことを指していて、ちょうど意味的に合致します。

これはただの偶然かもしれませんが、面白いものですね。

出典・参考元リンク
TOP