このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン2010年版をご紹介。現在でも脱毛症に悩む方に、ぜひ読んでほしい指針です。

現代の日本人の男性で、男性ホルモンが関係した脱毛症、つまり男性型脱毛症(AGA)が発症する確率は、全年齢平均で30%だと言われています。

これは成人男性の10人中3人、約三人に一人は発症することになります。

こう書くと数字のトリックで確率が高く感じますが、逆に言えば10人中7人は発症しません。書き方次第で感じ方は変わると思います。

とはいえ、30%という数字は気にしなくていい数字でもありません。男性型脱毛症は昔から男子が持つ悩みの一つであり、けっして軽く見られないのも事実です。

そこで私がぜひとも見てほしいものが、公益社団法人日本皮膚科学会が2010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインです。

ちなみに「診療」とは、医療従事者が医療機関で診察や治療などを行うことです。自宅や学校といった施設などを訪れておこなう診察や治療は往診(おうしん)というそうです。(参考リンク:診療 - Wikipedia

、記事の一部を修正)

この記事の目次

男性型脱毛症診療ガイドラインができた背景

そもそもこのガイドラインはどうしてできたのでしょうか?その背景には、このようなことがあります。

最近になり男性型脱毛症に有効な外用、内服の育毛剤が開発され、皮膚科診療においても積極的に使用されるようになってきた。しかし、それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくない。

引用元:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

要は科学的に根拠が無い治療法が多く見られる、ということですね。

このような現状の中で、科学的根拠に基づいた情報を選び出し、男性型脱毛症の診療ガイドラインを作成することは、医師、患者双方にとって標準的治療法を促進するために重要である。

引用元:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

つまり、科学的に根拠がある適切な治療法を広めよう、ということで作られた診療ガイドラインです。

おそらく以前までは男性型脱毛症の原因が分からなかったので、科学的根拠を示すことが難しかったと思われます。

ですが近年では男性型脱毛症に限っては、そのメカニズムがある程度解明されています。

この事実を知っている専門医の方にしてみれば、科学的根拠がない治療法を提供している業者を見ると、苦々しい思いでいっぱいだったと思います。

ちなみにこのガイドラインは男性型脱毛症に対しての診療ガイドラインです。円形脱毛症や、老化による薄毛や脱毛などには適応されないのでご注意ください。

目次へ

科学的根拠(エビデンス)とは

この男性型脱毛症診療ガイドラインでカギとなるのが科学的根拠です。

科学的根拠とは、その現象が起こる際に、それがどのようなメカニズムで、どの程度の確率で起こるのか、という根拠のことです。

簡単に言えば「これが、〇〇%の割合で、こうなる」といった根拠(エビデンス)があるかどうか、ということです。

男性型脱毛症診療ガイドラインは、この分野の専門家(皮膚科医)が集まり、科学的根拠に基づいて作成した診療ガイドラインです。つまり、この男性型脱毛症診療ガイドラインには、科学的根拠があるものしか書かれていません

なので、ノコギリヤシやセンブリエキスなど、このガイドライン作成時点において科学的根拠が不十分、もしくは無いものは書かれていません。

目次へ

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)に基づいた治療と、その推奨レベル

男性型脱毛症診療ガイドラインでは治療法の推奨度(つまりオススメ度)をAからDの四段階に分けています。

Aがもっとも高く、Dにいったてはまったくオススメできないレベルになっています。

目次へ

【A】強くすすめられる治療法

男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、おこなうことを強く勧められる治療法です。

このレベルものは毛髪の再成長の効果に対して、臨床試験などで十分検証され、なおかつ高い確率で効果があることを確認できたものです。

このガイドライン作成時においてはフィナステリド内服ミノキシジル外用の二つだけです。日本ではプロペシアリアップなどして販売されています。

  • 男性のフィナステリド内服(プロペシアなど)
  • ミノキシジル外用(リアップなど)

ただし、フィナステリド内服は副作用が出る場合があるので、薬の購入には医師の診断が必要です。また、フィナステリド内服は女性には勧められず、推奨度は【D(勧められない)】です。

目次へ

【B】すすめられる治療法

フィナステリドやミノキシジルのような高い有益性はありませんが、男性型脱毛症の改善に対し十分検証され、効果があるとされるものです。

この項目では、自毛による植毛手術のみ当てはまります。

目次へ

【C1】おこなうことを考えてもよい治療法

このレベルは、科学点根拠があるとは言えないレベルのものです。

その中でも C1 は「臨床試験などで効果は確認されているが、検証が不十分なので根拠があるとは言えないもの」です。

ただし、このレベルのものは副作用とかかなり軽く、費用や金額など患者に対する負担も少ないため、軽度の男性型脱毛症の患者に対して用いてもよいと、推奨できるレベルのものです。

このレベルの中には医師の診断が必要なものもありますが、ドラッグストアなどでも売られている育毛剤も何種類かあります。だからといって医師の診断が必要なく購入できる薬用の育毛剤が、この推奨レベルのものだとは言っていませんので、注意してください。

ガイドラインで、このレベルに載っているものは、以下のものです。

  • 塩化カルプロニウム外用(カロヤン、フロジン液など)
  • t - フラバノン(サクセスなど)
  • アデノシン(アデノゲンなど)
  • サイトプリン・ペンタデカン(毛髪力など)
  • ケトコナゾール
目次へ

【C2】有効性が確認できないため、用いない方がよい治療法

こちらはガイドライン作成時において、その有益性を実証する検証データがないため、用いない方がよいと判断された成分です。ただし、有益性が検証できれば変わるかもしれません。

この項目にはセファランチンが書かれています。

ただセファランチンは、アレルギーを抑えたり血流をよくする効果がある薬なので、円形脱毛症のほうではガイドラインにおいては、内服薬が C1 の評価を得ています。

目次へ

【D】使用しないよう勧告している治療法

このレベルは危険性や有害性が確認できる治療法のため、使用しないよう勧告している治療法です。

この項目には女性へのフィナステリド内服の使用人工毛植毛が書かれていて、これらは多くの危険性・有害性が報告されています。

目次へ

2010年の男性型脱毛症診療ガイドラインは、はたして今でも有効か?

以上が男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)の簡単な解説です。

ただ、このガイドラインは2010年に作成されたものです。ずいぶん年月が経った今でも有効なのでしょうか?

この記事を書いている時点(2017年)において、新しい治療法や薬が出てきたりしています。

現にフィナステリドより効果があるとされるデュタステリド(製品名 ザガーロ)が国内で2番目の男性型脱毛症の治療薬として認められ、発売されています。

だからといって、このガイドラインは古いものとして軽く見てもいいのかといえば、そんなことはありません。

私の知るかぎり、このガイドラインを否定する根拠を見つけていません

「古い」という意見はあれど、そこに記載されている治療法の有効性は、科学的根拠があり、高い信頼性があると言えます。

目次へ

男性型脱毛症に対して不安な方、または男性型脱毛症でお困りの方は、まずはこのガイドラインを読んでいただいて、参考にしてみてはいかがでしょうか。

以上、2010年版男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)のお話しでした。

出典・参考元リンク:

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

※追記:2017年版の記事も書きました。

広告