このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

男性型脱毛症および女性型脱毛症の診療ガイドライン(2017年版)を詳しく、そして分かりやすくまとめました。

男性型脱毛症診療ガイドラインというものがあるのですが、これは2010年に公開され、出たときは結構雑誌やニュースで取り上げられました。

それから7年経過した2017年、新しい薬や治療法も出てきたこともあり、最新版である2017年版の男性型脱毛症診療ガイドラインが公開されました。

しかし、以前の2010年版のときに比べ、2017年版はあまり雑誌やニュースで取り上げられませんね。2010年版はかなり盛り上がったのですが。

目新しく無いのか、興味が無いのか、それどころじゃないのかよく分かりませんが、少々さびしく感じます。

、URL を変更)

この記事の目次

おさらい:男性型脱毛症診療ガイドラインとは

では、2017年版を紹介したいのですが、男性型脱毛症診療ガイドラインの存在を知らない方もおられると思います。なので、少しおさらいしたいと思います。

まず、このガイドラインが何かといえば、簡単に言えば「男性型脱毛症の治療で、有効性と安全性の高い治療を行うための、診療(=診察および治療)ガイドライン」です。

ガイドラインでは男性型脱毛症に詳しい皮膚科の専門医が科学的根拠に基づいた治療法を、推奨度とともに公開しています。信ぴょう性ではどの男性型脱毛症治療の情報を差し置いてNo. 1です。

現在の男性型脱毛症および女性型脱毛症の治療では、これらガイドラインを軸に各クリニック独自の治療法などを足したり工夫したりして行っているところが、ほとんどのようです。

つまりは、このガイドラインは男性型脱毛症(および女性型脱毛症)の治療において基軸となっているガイドラインなのです。

目次へ

男性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)に基づいた治療と、その推奨レベル

では、男性型脱毛症診療ガイドライン2017年版を簡単にまとめてご紹介します。

基本的には前回の2010年から変更した点を重点的にご紹介します。なので、前回の2010年版をご覧になったほうがより内容を理解しやすいと思います。

また、こちらの2010年版には男性型脱毛症診療ガイドラインができた背景や科学的根拠(エビデンス)についても書いています。

今回も前回(2010年版)同様、診療の推奨度(つまりオススメ度)をAからDの四段階に分けています。

記事中リストにしてあるのは、ガイドラインで書かれている薬の成分名や治療法などです。カッコ内にはその成分を使っている薬剤や育毛剤などの名称を書いています。

目次へ

【A】強くすすめられる

男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、強く勧められる診療です。前回から変わった点は「デュタステリド」が加わったことです。ちなみに内服は飲み薬、外用は塗り薬などです。

  • 男性へのフィナステリド内服(プロペシアなど)
  • 男性へのデュタステリド内服(ザガーロなど)
  • ミノキシジル外用(リアップ)

追加されたデュタステリドと、以前からあるフィナステリドの違いは、効果の強さと副作用です。デュタステリドのほうが優れた効果が示されていますが、副作用の報告もデュタステリドのほうが多いです。

もちろんフィナステリド内服にも副作用が出る場合があるので、デュタステリドとフィナステリドを使用する場合は医師の診断が必要です。また女性への使用は推奨度【D】で、行わないほうがよいとされています。

ミノキシジルは医師の診断は特に不要で、男女とも使用でき(男性型脱毛症は5%のミノキシジル、女性型脱毛症は1%のミノキシジル)、ドラッグストアなどでも購入できます。

目次へ

【B】すすめられる

推奨度【A】ほどの高い有益性はありませんが、十分効果があると判断されたものです。

この項目には新しく「アデノシン」と「LED および低出力レーザー照射」が追加されています。

  • 男性への自毛植毛術
  • 男性へのアデノシン外用(アデノゲン)
  • LED および低出力レーザー照射

アデノシンは2010年版では推奨度【C1】だったのですが、根拠を示す報告が増えたため推奨度【B】に変わりました。ただしこれは男性に使用した報告だけで、女性への使用の根拠はまだ不十分で、女性への推奨度は変わらず【C1】です。

LED や低出力のレーザー照射による治療は、アメリカの政府機関で薬品や医療機器などの認可や違反取締を行う FDA*1では認可されている治療法で、日本でも個人で輸入して治療に使っているクリニックなどがあるという話は聞いています。

これらはガイドラインによると有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧めることにするとしています。ただ上記の機器は国内ではまだ認可されておらず、用いられる光源の種類、波長、出力は報告によって様々あるとも書かれています。

また自毛植毛術は、他に手段がない状況において、十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り、男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧め,女性型脱毛症には行ってもよいこととするとされています。

目次へ

【C1】行ってもよい

推奨度【C】は、根拠においては不十分なもので、その中の【C1】とは、副作用や費用面など総合的に見て「行ってもよい」としたものです。

基本的には軽度の男性型脱毛症または女性型脱毛症の患者に対して行なうことを推奨しています。

この項目では「男性へのアデノシン外用」が推奨度【B】になり、新しく「女性への自毛植毛術」と「かつらの着用」が追加されています。

  • カルプロニウム塩化物の外用(カロヤン、フロジン液など)
  • t - フラバノン外用(サクセス)
  • 女性へのアデノシン外用(アデノゲン)
  • サイトプリンおよびペンタデカンの外用(毛髪力)
  • ケトコナゾール外用
  • かつらの着用
  • 女性への自毛植毛術

「塩化カルプロニウム」が「カルプロニウム塩化物」と変化していますが、命名法が違うだけで同じ成分です。*2

かつらの着用に関しては、かつら着用は脱毛症状を改善するものではないが、通常の治療により改善しない場合や、QOLが低下している場合に、行ってもよいことにするとされ、医療関係において治療だけでなく QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の重要さも増していることが見て取れる内容です。

目次へ

【C2】行わないほうがよい

先ほど同じ推奨度【C】レベルですが、専門医が総合的に考えて「行わないほうがよい」と判断したものが、この推奨度【C2】のものです。

この項目は以前の2010年版のとき「セファランチン」だけだったのですが、今回セファランチンは削除されました。

それに変わり、新しく「ビマトプロストおよびラタノプロストの外用」と「成長因子導入および細胞移植療法」の2つが追加されています。

  • ビマトプロストおよびラタノプロストの外用
  • 成長因子導入および細胞移植療法

ビマトプロストおよびラタノプロストは、本来は緑内障における眼圧降下目的など使用される薬なのですが、睫毛(まつげ)の育毛剤や、睫毛貧毛症の治療などにも使われます。

ただラタノプロストは、毛包を作用対象とした外用剤として承認されておらず、また,これらの薬剤は広範囲に外用する場合の安全性も確認されていません。さらに高価であり、経済的負担も大きい。

またビマトプロストは、まつげ以外にも発毛促進効果がある可能性がありますが、未だに臨床試験による検証は実施されていません。なので、ビマトプロストとラタノプロスト外用の有用性は、現時点では十分に実証されているとは言い難いため、この推奨度になっています。

また成長因子導入および細胞移植療法は、安全性などもふくめ、その有効性は決してまだ十分に検証されていません。

ガイドラインでは後が期待される治療法ではあるものの、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』などの法規に則って施術する必要のあるものも多く、現時点では広く一般に実施できるとは言い難いため、行わない方がよいことにするとされています。

目次へ

【D】行うべきではない

最後の推奨度【D】は「行うべきではない」と専門医が判断したものです。

この項目には新しく「女性へのデュタステリド内服」と、個人輸入とかでも行なうことができる「ミノキシジル内服」が追加されています。

  • 女性へのフィナステリド内服
  • 女性へのデュタステリド内服
  • 人工毛植毛術
  • ミノキシジル内服

フィナステリド内服は女性には効果が確認できず、また服用時、妊娠や授乳を通じて男子胎児の生殖器などの発育に影響を与えるため、女性へのフィナステリド内服は行うべきではありません。同様の仕組みである「デュタステリド内服」も同じ理由で行うべきではありません。

人工毛植毛術は、日本国内では医療法上の問題はないのですが、アメリカの FDO では禁止されています。

また、過去に多くの有害な報告もあります。なので人工毛植毛術は、安全性に関する高い水準の根拠が得られるまでは、原則として毛術を行うべきではないと判断されています。

ミノキシジル内服は、日本だけでなく男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はありません。その利益も危険性も十分検証されていませんので、行うべきではありません。

目次へ

ガイドラインは以上です。以前の2010年版とあまり変わりが無いように見えますが、少しずつ「勧められる」治療法が増えているので、科学や医学はやはり、少しずつでも進歩しているなぁと感じます。

このガイドラインで使わている「診療」とは「医療従事者が医療機関で、診察や治療などを行うこと」を言います。医療機関ではなく自宅や施設などを訪れて行う診察や治療を往診(おうしん)と言うそうです。

つまり、医療関係者に向けて書いているガイドラインなのです。なので、書かれている内容には専門的な言葉も多く、読みにくい部分もあります。

ですが、これを医療関係者だけでなく患者および一般の方々でも見れるようにインターネットで公開しているのには、ガイドラインに書かれているように男性型脱毛症診療水準を向上する、つまり皮膚科医の立場からは無効といえる科学的根拠に基づかない民間療法が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける患者を減らすために公開しています。

男性型脱毛症および女性型脱毛症でお悩みの方は、ぜひともこのガイドラインをお読みになって、脱毛症治療に活用していただきたいと思います。

出典・参考元リンク:

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

広告