このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

アミノ酸シャンプーだって欠点はある?髪や頭皮に良いと言われるアミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット。

シャンプーの種類はいろいろありますが、「アミノ酸シャンプー」というものがあることをご存知ですか?

インターネットでシャンプーのことをいろいろ調べていると紹介記事などを一度は見たことがあるかもしれません。

これらは非常に良いシャンプーのような紹介をしています。その分、お値段も少々お高いのですが。

記事を読んでいると、市販の安価なシャンプーは髪や頭皮に良くなく、アミノ酸シャンプーなどは髪や頭皮にとても良い感じを受けます。

欠点があるとすれば、アミノ酸シャンプーが洗浄力が強くない(適度や適切)という程度で、高品質で欠点がかなり少ない印象を受けます。

はたして、そうなのでしょうか?

今回はそのアミノ酸シャンプーについてのお話です。

 記事の一部を修正)

アミノ酸シャンプーとは?

まずはアミノ酸シャンプーとは何か、簡単に書いていきます。

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤が使われている製品がほとんどです。

呼び方としてはシンプルに「アミノ酸シャンプー」と呼ばれることが多いですが、「アミノ酸系シャンプー」などと呼ばれることもあります。

製品の特徴である「アミノ酸系の界面活性剤」とは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸がふくまれていると、単純に思っていただいても良いかと思います。

アミノ酸は髪や頭皮(皮膚)の主成分であるタンパク質の成分。つまり髪や頭皮に近い成分が洗剤にふくまれているのです。これを聞いただけでも、髪や頭皮に優しそうな感じがしますね。

ちなみに科学的な種類で分けると、4つある種類(アニオン・カチオン・両性・ノニオン)中で、水の中で陰イオン(アニオン)になるアニオン界面活性剤になります。

関連リンク:

またアミノ酸の多くは弱酸性に傾いています。なのでアミノ酸シャンプーには弱酸性のものが多いです。

なのでアミノ酸シャンプーは、しばしば弱酸性シャンプーなどと呼ばれるときもあります。

アミノ酸シャンプーのメリット

次にアミノ酸系シャンプーの特徴を見ていきます。メリットとしては、次のようなものが挙げられます。

髪や頭皮にやさしい

アミノ酸シャンプーで使われているアミノ酸系界面活性剤は、総じて皮膚に対する刺激が低いのが特徴です。

昔からある安価な市販品でよく使われる界面活性剤(いわゆる石油系や合成界面活性剤などと呼ばれているもの)や、石けんから出来た石けん系界面活性剤と比べて、かなり皮膚に優しく、与える刺激が低いと言われています。

皮膚にやさしいということは頭皮にも優しいと言えます。また、皮膚と同じようにケラチンタンパクで出来ている髪の毛にも優しいとされています。

市販のシャンプーでカユミや刺激などがある場合、アミノ酸シャンプーで改善することもあります。

アミノ酸シャンプーのデメリット

メリットあればデメリットあり。全ての成分や商品には長所があれば、短所もあります。

アミノ酸系シャンプーのデメリットは次のようなものがあります。

配合量が多くなりやすい

先程、洗浄力がやさしいと書きましたが、それは同時に洗浄力が弱いということと同意です。つまりアミノ酸系界面活性剤は、総じて洗浄力がとても弱いのです。

洗浄力が弱いということは、頭皮や髪の汚れがひどいときに落としにくくなるだけでなく、適切な洗浄力を得るために多量の界面活性剤を配合しなくてはいけなくなる、ということになります。

なので、アミノ酸シプーでは、洗浄力が高い界面活性剤が使われたシャンプーより、多くの量の界面活性剤が配合されていると言われています。

高額なものが多い

アミノ酸シャンプーと呼ばれるものは、だいたいが市販のシャンプーよりはお値段がお高いです。つまりは高額。

値段自体は界面活性剤の質や、その他の配合成分でピンキリなのですが、基本的にアミノ酸系界面活性剤の値段が高いので、どうしてもシャンプーの値段も高くなりがちっです。

よくすすがないと残留する

アミノ酸系の界面活性剤は、アミノ酸自体が髪や頭皮にくっつきやすい性質があるためか、成分が髪や頭皮に吸着しやすいと言われています。

吸着しやすいということは、すすいでも髪や頭皮に残りやすいということです。

さらに先程書いたように、アミノ酸シャンプーには多くの量のアミノ酸系界面活性剤が配合されています。量が多くなると吸着する量も多くなります。

つまり、十分すすいだつもりでも、髪や頭皮に残留している場合もあるのです。

アミノ酸系の界面活性剤は、頭皮や髪に残留しても皮膚や体への悪影響はあまり無いという話もあります。

ですが、酸素や紫外線などで界面活性剤の性質が変わったり、残留したアミノ酸が菌などのエサになる可能性も否定はできません。

そもそも刺激が弱く安全性が高いとはいえ、髪や頭皮に界面活性剤のような化学物質は残さないほうよいので、アミノ酸シャンプーは残留しないよう、十分すぎるほどしっかりすすぐ必要があると言えます。

「アミノ酸シャンプーだから良い」とは限らない

インターネットではよく安価な市販シャンプーと比較して、あたかも「すごく良いシャンプー」という風にアミノ酸シャンプーをオススメしている記事やサイトが多くあります。

これは全てとは言いませんが、アミノ酸シャンプーは高額なものが多く、アフィリエイト*1などで成果報酬がそこそこ高額な場合が多いことも影響していると思います。

この仕組み自体は悪いとは言いませんが、訪問者の不安を過剰にあおるような情報や、かたよりすぎる内容は良くありません

たしかに、アミノ酸シャンプーは市販の安いシャンプーよりは質で言えば良いのでしょうが、そんなの理美容室専売のサロンシャンプーは、ほとどんどがそのはずです(笑)

それに、アミノ酸シャンプーでも頭皮トラブルが起きるときは起きます。例えば軽度のアレルギーよるカユミなどです。

よく言われるのが、アミノ酸が原因(アレルゲン)となるタンパク質アレルギーです。大豆や卵のアレルギーも主成分のタンパク質が原因なのではないかと言われています。

とは言っても、アレルギーはどんな成分でも生じる可能性があるので、アミノ酸シャンプーだけアレルギーが出やすいということは極端すぎますし、カユミの原因はアレルギーだけではありませんので、何とも言えないのですが…。

何が言いたいのかといえば、アミノ酸シャンプーは「頭皮や肌に対して刺激が低いシャンプー」という、ただのシャンプーの1種類でしかないのです。その人によって合う合わないは確実にあります

ただ、アミノ酸シャンプーは高額なものが多いため、カユミといったトラブルが生じたら悔しいですよね。

なので、アミノ酸シャンプーに限らず高額なシャンプーは、試供品や返金保証など金額面のリスクが少ないものがあれば、それらを利用して相性を判断してからでも、遅くはないと思います。

あと気になるのは、洗浄成分であるアミノ酸系界面活性剤にも、品質の違いがあるという話です。

つまり、同じ表示成分の成分でも、その成分の品質に違いがある場合があるようなのです

これは成分表示名にしたら同じなので、ラベルやホームページなどだけで判断することは不可能です。

この点からみても、成分表示だけでシャンプーなどの品質を判断することは難しいことが見て取れます。

また、カユミの話が出ましたが、「アミノ酸シャンプーに変えたら、頭皮にカユミが出てきた」という話は、まれに聞く話です。

これはどちらかと言えば、「髪や頭皮に吸着しやすく残りやすい」というのが原因のように感じます。しっかりすすいだつもりでも、髪や頭皮に残りやすいのがアミノ酸シャンプーです。

とは言え、カユミに関しては個人差がけっこうあるので、原因の特定が難しいのです。頭皮環境の変化が原因なのか…、成分が原因なのか…、体調や環境なのか…。

いろいろ書きましたが、これは決して「アミノ酸シャンプーやアミノ酸系界面活性剤が良くない」と言っている訳ではありません。極端な情報で高額なシャンプーを買わそうと、かたよった情報を流すことがいかがなものかと思うのです。

上記の「アミノ酸シャンプーのメリット」の項目でも書きましたが、従来のシャンプーでカユミや刺激がある場合は、アミノ酸シャンプーで改善されることもあります。

これだけ情報が多いと困惑されるでしょうが、不安をあおるような極端な情報に惑わされることなく、参考程度にとどめておいたほうが良いかと思います。

広告

*1:簡単に言えば、その紹介した商品などが売れると、いくらかの紹介料が発生するサービス