このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーなどの製品を成分解析だけで判断してはいけない、たった1つの理由。

シャンプーなどの髪の毛に関係した製品は、そのほとんどが法律で厳しく管理されています。

その例の一つとして、使われている成分の全表示が義務付けられています。

そして、これら成分を解析しているサイトがあります。

いわゆる「シャンプー解析サイト」などといった、数多くのサイトのことです。

基本的にこれらのサイトは、その配合されている成分で、シャンプーといったその製品を判断しているサイトです。

ですが、私個人としては、成分だけでその製品を判断するのは非常に難しいのです。

どちらかと言えば、成分だけで判断するのはちょっと危ういと考えています。

今回はその理由についてのお話です。

成分解析だけで判断してはいけない理由

髪の毛に使用するシャンプーなどの製品は、ジャンルでいえば「化粧品」や「医薬部外品」などになります。*1

これらには、キャリーオーバー成分*2を除いた全ての成分が記載されていて、シャンプーなどの化粧品ではその成分名は共通の名称になっているはずですので、製品を選ぶ際のひとつの目安となるのは事実です。

例えば、特定の成分でアレルギーやトラブルを生じた場合、その成分が配合されている製品を避けることでトラブルを未然に回避できます。

また肌にトラブルが起きた場合、その容器や箱を皮膚科の専門医に持って行くと、書かれている表示成分は治療の際に十分役立ちます。

ですが、その製品の品質を成分だけで判断するのは難しい、というか不可能に近いのです。

その理由は、たった一つ、配合量が分からないことです。

例えば

肌が敏感なので刺激が少ないシャンプーを探しているとします。

そこで、ある商品Aには「洗浄力は低いが刺激も弱い成分」、商品Bには「洗浄力が強いが刺激も強い成分」が配合されているとします。

これを表示成分だけで見れば、購入するべきは「商品A」です。

ですが、もしこの商品Aには洗浄力が低いため、洗浄成分がすごくいっぱい配合されているとします。

そして、洗浄力が強いのでさはど成分を入れなくてもよい商品Bには、あまり洗浄成分を配合していないとします。

その結果、いっぱい入っている商品Aのほうが洗浄力も刺激も強いなんてこともあるのです。

実際、同じ洗浄剤(界面活性剤)を使っているシャンプーでも、洗浄力や仕上がりにかなりの差があるそうです。

つまり、シャンプーは配合されている成分と、その配合量のバランスで品質が決まっているのです。

この配合バランスは非常にデリケートでちょっと違えば品質がガラリと変わるという話を聞いたことがあります。

これら製品の配合量は企業秘密であり、普通、それを知る手段はありません。

このようにシャンプーやトリートメント、コンディショナーなどの品質の要は配合されている成分とその量のバランスで決まります。

なので、育毛剤など求めている効果が薬効などの成分の場合を除き、シャンプーなどの品質を成分の解析だけで判断するのは非常に難しいですし、危ういのです。

正直なことを言えば、「使ってみない分からない」というのが現状なので、購入するのに少々高額なシャンプーなどの場合は、試供品や返金保証があるシャンプーを購入することをオススメします。

広告

*1:一部の育毛剤には「医薬品」もあります。

*2:その効果が発揮されるより少ない量しか配合されていない成分。エキスの抽出や、成分の安定目的などで使われる。