このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

『コンディショナー』『リンス』『トリートメント』の違いと、昔は少し違っていたんだという話。

みなさんはシャンプーの後に何をしますか?

髪が短い方は何もしないという人が多いかもしれません。ですが、そうではない方はコンディショナーかリンス、それかトリートメントを使用しているのではないのでしょうか。

シャンプーの後処理としてすっかり定着したコンディショナーやリンス、そしてトリートメントですが、同じように使用するものなのに、なぜ三つの呼び方があるのでしょう。

このことについて、当サイト的にまとめた話が、こんかいの記事です。

コンディショナー、リンク、トリートメントの違い

コンディショナー・リンス・トリートメントは、大きく分けると「コンディショナーとリンス」と「トリートメント」に分けられます。

この二つの違いは、髪に作用する働きの違いです。

「コンディショナー・リンス」と「トリートメント」の違い

「コンディショナー・リンス」と「トリートメント」の違いは、内容成分の違いです。

ざっくり書くと「コンディショナー・リンス」には、髪の表面に作用する成分が多くふくまれています。

それに対し「トリートメント」には、髪の内側に作用する成分が多くふくまれています。

ちなみにトリートメントは英語で書くと「treatment」ですが、これには「治療」や「手当」という意味もあります。なので、洗い流さくても髪の補修目的で使える「洗い流さないトリートメント」というものもあるのです。

つまり髪の毛を治療・手当する目的で塗布するものが「トリートメント」です。

「コンディショナー」と「リンス」の違い

では「コンディショナー」と「リンス」に違いがあるかといえば、実は違いはほぼありません。「同じ」としているメーカーも多いです。

あえて違いを言えば「コンディショナー」はトリートメントのような髪の内側に働きかける成分がふくまれることもあります。

そういう意味ではコンディショナーはリンスよりもトリートメント側に寄っているものだとも言えます。

あえて違いを言えば、次のようなものです。

コンディショナー

「コンディショナー」は英語では「conditioner」と書きます。

その英語の元になる「condition」には「調子を整える」などいう意味があり、シャンプーの後に髪の毛の調子や仕上がりを整える目的で使用されます。

日本では「リンス」と呼ばれるものと同じものですが、海外では「ヘアコンディショナー(hair conditioner)」という呼ばれ方のほうが一般的です。

リンス

リンスは英語では「rinse」と書き「すすぐ」という意味があります。

リンスは元々は「酸リンス」などとも呼ばれ、一昔の時代、質の悪い石鹸しか洗浄剤が無かったのですが、それらで髪を洗うと髪がギシギシ、ゴワゴワしたりしていました。これは水にふくまれているカルシウムなどの成分が石鹸の成分と結合してしまうためです。いわゆる石鹸カスのことです。

そのキシみやゴワつきを取るため酸性の液体で「すすいだ」のが酸リンス*1で、これがリンスの起源だと言われています。

その後。髪を洗うのに洗剤を使ったシャンプー剤が出てきたのですが、シャンプーは皮脂を洗い流すため、どうしても髪の仕上がりが悪くなります。またシャンプーだけで乾かしたら髪に静電気が発生してしまい、髪が広がったり、からまったりします。

そこで、それを補ったり防いだりする目的でクリーム状のリンス(クリームリンス)が販売されました。それが現在「リンス」として販売されている製品の元祖です。

この「リンス」という呼び方は日本特有のもので、海外では上記のように「ヘアコンディショナー(hair conditioner)」と呼びます。

昔は実は少し違っていた

とはいえ、現在ではあまり「リンス」という名前の製品は見かけません。使われるのはカラーリンスや薬用リンスなどといったもので、シャンプーの後に使い、洗い流して使う製品の一般的な呼称は、今や「コンディショナー」のほうが多い。

でも、昔は違っていました。「リンス」と「コンディショナー」そして「トリートメント」はまったく別のものでした。

「リンス」と「トリートメント」の役割は今と変わっていません。ですが「コンディショナー」はリンスと同じでは無かったのです。

当時のコンディショナーは「トリートメントとリンスの真ん中」のようなポジションでした。どちらかと言えばトリートメント寄りの製品、という立ち位置だったのです。

それが時代ととも、いつのまにかコンディショナーとリンクは同じものとなっています。これは私の推測ですが、ダメージヘアの増加により消費者ニーズの変化や、海外での呼称がコンディショナーが多い、などといったことが考えられます。

実際はどうかは分かりませんが、現実として「リンス」という製品の数は、ひと昔前よりはずいぶん減った印象です。

まとめ

コンディショナーとリンス、トリートメントの違いはこのような感じです。

実際はどれも似たような働きをする成分なのですが、髪の内側に作用する成分が多いか、髪の外側に作用する成分が多いか、という違いで一応分けられます。

とはいえ、実際呼び方は製造メーカー次第なのですのよね。その製品がトリートメントなのかリンスなのかコンディショナーなのか、それを決めるのは作った会社や企業です。

だいたいは、パーマやカラーなどで髪のキューティクルにダメージを受けていてコルテックスにまでダメージが広がっているような強いダメージがある髪にはトリートメント

それとは違い、比較的ダメージが少なく、ダメージをおさえるために髪のキューティクル保護が目的ならコンディショナーかリンス、となっています。

基本的に販売されている製品には、このような違いを持たして販売していますので、これらを目安に使い分けたら良いと思います。

ちなみに、どちらも使用する必要はまったくありません。二つも使えば使用量が多すぎます。逆に髪や頭皮にはよくありません。

よく聞く話で「トリートメントで髪の内側を補修し、リンスやコンディショナーでその成分が逃げないように閉じこめる」なんて話がありますが、これは付けすぎです。止めてください

なので、髪の状態に合わせてどちらかを使用して下さい。

あ、薬用など一部の製品を除き、基本的には地肌に付けるのは禁止ですので、男性のショートヘアーのような短い髪には、リンスやコンディショナー、トリートメントは使わないで下さいね。

以上、リンス・トリートメント・コンディショナーの違いについてのお話でした。

広告

*1:酸性の液体ですすぐから酸リンス。ちなみに水だけですすぐのは「何も入っていない」という意味でプレーンリンスと言ったりもします。