このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

毛包の皮膚表面にある部分「毛穴」こと「毛孔」と、皮脂腺などその周辺の組織を簡単にご紹介。

毛包をすごくざっくり分けると、皮膚表面、つまり毛穴に近い部分と、それより下の部分に分けられます。

この皮膚表面近くにある毛穴周辺の組織を毛孔毛孔部などと言います。

ちなみに「孔」とは「あな」という意味で、一般的に言えば毛穴のことです。

この毛孔周辺にある組織について、今回はお話していきます。

毛孔(毛穴)周辺の器官や組織

先ほど紹介したように、毛孔(毛穴)周辺とそれ以外の下の部分とで毛包の組織は違ってきます。

その分けた基準というのが毛根鞘の有無。もっと簡単に言えば、毛根と毛包の間にすき間があるか無いかです。

この毛孔周辺の髪の毛は、他の部分のように毛包と毛根がピッタリくっついているということはなく、少しすき間ができる余裕があります。このすき間は何のためにあるのかと言えば、皮脂を毛穴に分泌するためのすき間です

つまり、この部分に皮脂を分泌する器官があるのです。こちらも含めて、毛孔周辺の器官や組織を紹介していきます。

毛包漏斗部

毛包の皮膚表面近くで漏斗(ろうと)状になっている部分を毛包漏斗部(もうほうろうとぶ)と言います。

漏斗とは、口の小さな容器に液体を入れる時に便利な道具のことです。形がアサガオの花の形に似たあの道具のことです。

つまり「漏斗に似た形状の部分」のことで、毛孔、つまり皮膚表面の毛穴部分あたりのことを指しています。

皮脂腺

皮脂を生成する器官のことを皮脂腺(ひしせん)または脂腺(しせん)と言います。

毛穴より分泌される脂(あぶら)である「皮脂」は、美容や育毛にとっても大きく深く関わっているので、この皮脂腺もご存知の方が多いと思います。

髪や皮膚にある皮脂はこの器官で作られ、毛穴を通じて皮膚や髪に分泌されます。

この皮脂が、頭皮や肌といった皮膚から分泌される汗などと混ざりあって皮脂膜という膜になり、髪や肌の水分の蒸発を防いだり、外部の雑菌などから守ってくれたりしています。

ちなみに皮脂腺は髪の毛が生える毛穴には必ずある器官です。逆に言えば、皮脂腺が無い毛穴には髪は生えないと言われています。

もう一つ余談ですが、ワキ毛など一部の体毛には皮脂腺の上に汗を出す器官、つまり汗腺(アポクリン汗腺)があるのですが、頭皮にある髪の毛の毛孔にはこの汗腺はありません。もちろん頭皮にも汗を出す器官はあるのですが、毛孔とは別の汗孔の汗腺(エクリン汗腺)から出てきます。

また皮脂腺や汗腺などで使われている「腺」とは、動物の体の器官のなかで分泌活動を行う細胞の集まりのことを言います。

参考リンク:腺 - Wikipedia

皮脂開口部

さきほどの皮脂腺が毛孔に開口しているところが皮脂開口部です。簡単に言えば、皮脂が分泌される出口です。

この皮脂開口部から皮脂は毛孔へと分泌され、髪の毛を伝って皮膚および髪の毛に広がっていきます。

毛孔(毛穴)周辺の組織はこのような感じです。主な役割として「皮脂を作り、排出する」という機能があります。

このような精巧な仕組みで出来ている部分なのに、これが毛包のほんの一部分なのです。すごいですね。

毛孔(毛穴)周辺の組織の簡単な紹介はここまでです。次回は毛孔より下の「毛根鞘」などについてお話したいと思います。

広告