このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

皮膚の中にある、髪を生み出す組織をこれから何回かに分けてご紹介。まずは毛根と毛包から。

今回から何回かに分けて頭皮の下にある、毛穴の奥の組織、つまり髪を作る部分について話していきたいと思います。

この部分、実はとても複雑で精巧な構造をしています。そして、難しい名称もいっぱいです(笑)

いっぱいあるので、少しずつ書けば分かりやすくなるかな?と思っております。

、全文を大幅修正)

皮膚内の髪と、髪を生み出す器官

髪はご存知のとおり、頭の皮膚、つまり頭皮の内側から生えています。

頭皮は平均して2〜3mmの厚さがあるのですが、この薄いわずかな間に髪の毛が生えて伸びる仕組みがあるということです。すごいですね。

この部分にある髪は、専門的にも一般的にも「毛根」という名称で呼ばれています。

毛根

髪が生えている皮膚で、その皮膚より下の髪の部分を毛根と言います。

よく抜けた髪で、下のほうが少しふくらみ丸くなっている部分を毛根だと思っている方が多いのですが、医学的にはそれもふくめた皮膚より下の髪の毛全体を毛根と言うそうです。

ちなみにその毛根以外の、皮膚の外にある髪の毛の部分を医学的には毛幹と呼ぶそうです。

ちなみにこの「毛根」と呼ばれる部分は、次に紹介する毛包も合わせて「毛根」や「毛根部」などと呼ばれることもあります。*1

毛包

上記の毛根の周囲には、まるで毛根を包むように皮膚の延長線のような組織が存在します。この器官を毛包(もうほう)または毛嚢(もうのう)などと呼びます。ちなみに毛嚢とは「毛嚢炎」というふうに毛包の医学的な呼び方で、嚢(のう)とは「ふくろ」のこと。

なので毛包は感じ的に皮膚がくぼんだような感じの器官です。これが皮膚に対して基本斜めの角度でくぼんでいますので、髪に毛流やクセがあるのは、この毛包の角度が関係しています。

毛包の奥の部分では髪の元となる細胞がどんどん生産され、それらは毛包の中で髪などになっていきます。

つまり毛包とは、髪の毛を生産する器官のことです。

また毛を作ること以外にも、水蒸気などの発散や、皮脂の分泌など、いずれも体内から体外へと排出するという機能や役割を持っています。

また少しですが皮膚呼吸もおこなっているようですが、これは、ほんのごくわずか(0.6%ほど)で、皮膚のごく表面の細胞に酸素を供給しているそうです。しかも、これらの細胞には通常の肺呼吸でも十分酸素が届くので、人間にとって皮膚呼吸は重要なものではないようです。

参考リンク: 真健康論:第20回『ヒトは皮膚呼吸する!?』=當瀬規嗣(札幌医科大学医学部細胞生理学講座教授)

簡単にまとめますと、「毛根」とは皮膚内にある髪の毛のことで、その髪の毛の周りにある器官を「毛包」と言います。その主な役割はズバリ「毛髪を作ること」です。

この毛根と毛包にあるさらに細かい組織たちを、いくつかのグループに独自に分け、それぞれを記事に書いていきたいと思います。

その分けた項目は、次のとおりです。

次回より順次書いていきたいと思います。

広告

*1:今回でけでなく髪に関する資料や文献などでは、名称やそれを指す範囲や数値などが、その出典によって微妙に違うことはよくあります。できるだけ正確な情報を書いていこうと努めてはいますが、他のものと微妙に違うこともありますので、予めご了承ください。