このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪の毛の構造を簡単にご紹介。髪が「硬さ」と「しなやかさ」のどちらも持つ理由は、その構造あります。

髪はとても硬く、硬いものでは銅線ぐらいの硬さがあるそうです。

同時に髪は柔らかく、しなやかに曲がったり弾力ある動きをします。

つまり髪は、「硬さ」と「柔らかさ」のどちらも持っている珍しい物質なのです。

このような正反対の性質を一緒に持てるのには、髪の構造に秘密があります。

その構造についてのお話しです。

髪の構造

髪の構造はよく海苔巻きに例えられます。

海苔巻きは海苔・ご飯・具材の三層構造ですが、髪もそのように二、三層からの層の構造になっています。

海苔巻きでいう一番外側の海苔の部分が「キューティクル」です。

そして、その下のご飯の部分が「コルテックス」。

最後に中心の具材の部分を「メディア」と言います。

このメディアの部分は細い髪では途切れ途切れだったり、無かったりします(なので二、三層なのです)。

この各部分について、簡単ではありますが説明いたします。

キューティクル

キューティクルは「毛小皮」や「毛表皮」とも言われ、髪の最も外側の部分です。

とても硬く丈夫な組織で、うろこ状に何層も重なって髪を保護しています。

また、うろこ状なので髪の動きを邪魔することもありません。

※キューティクルについては、以下の記事でも詳しくまとめています。

コルテックス

コルテックスは「毛皮質」とも言われ、髪の大部分を占める組織です。

繊維状の組織がつまった細胞の集まりで、髪の硬さやしなやかさ、弾力など髪質のほとんどはこのコルティクスによって決まります。

また髪の色もこの部分でほぼ決まります。

※コルテックスに関しては、こちらでも詳しくまとめています。

メデュラ

髪の中心にある組織で「毛髄質」とも言われます。

髪の光沢や、保温機能などに影響があると言われていますが、実は何のためにあるのか、いまだにまだよく分かっていない謎の組織です。

前述の通り髪の太さや種類によっては無かったり、途中で途切れていたりしています。

※メデュラの詳しいことは、こちらの記事にも書いています。

以上が髪の大まかな構造です。本当はこれら以外に髪の組織同士をくっつけるCMC(細胞膜複合体)とか他にも在るのですが、そこらへんの話はまた別の機会に。

それより、すごくないですが? 髪って。

表面は硬いウロコ状の鎧で被われていて、その動きやしなやかさを失うことなく頑丈さをキープ。

そした中身は繊維の束がぎっしり。それによってしなやかさと弾力を得ています。

このような物質は、他を探してもなかなか無いですよ。

ね、髪ってすごいですよね?

構造を知ることで髪のすごさが少しでも伝われば、筆者としてはとても嬉しいです。

広告