このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

海で髪が傷む!その原因と対策をまとめました。海水浴でヘアダメージを抑える参考にして下さい。

以前、プールの話を書きましたが、夏といえばプールだけではありません。そうです海です。

ですが、海水浴後は髪がパサパサ。そうです。海はどうしても髪が傷んでしまうのです

この海で受ける髪のダメージはけっこう大きく、サーフィンをする方々などはだいたい髪が傷んでいます。

どうして海ではこんなに髪が傷むのでしょうか?

今回は海と髪のダメージについてのお話です。

海水の成分とpH値

まず、なぜ海では髪がダメージを受けやすいのでしょうか? その鍵となるのが、海水の成分と pH です。

海は、その大部分(約96.6%)が水ですが、それら以外(約3.4%)の成分は塩分と呼ばれて言います。

塩分といっても、私たちがよく知っている塩(食塩)ではありません。海水には地球上のすべての元素が溶けているので、食塩以外の成分もふくまれています。

実は食塩自体も「地上の塩分が溶けて海に流れ込んでいる」わけではありません。単に海に溶けている成分のナトリウムイオン(Na+)と塩素イオン(Cl-)が結合し、塩化ナトリウム(NaCl)いわゆる食塩になるのです。

この塩化ナトリウム(食塩)は海水の成分の8割近く(78%)もあります。だから海はしょっぱいのです。

単純に食塩だけなら水は中性になるのですが、海水には食塩以外にも2割程度(22%)他の成分が混ざっています。

それら成分全て合わすと pH値は約8.1程度になります。なので、海の pH は弱アルカリ性を示すのです。*1

海が髪に与える影響

海水の成分とpH値が分かったところで、海が髪に与える影響を考えます。

ご存知のとおり海水浴など海で泳げば髪はダメージを受けます。海で受けるダメージは大きく分けると次のようなものからダメージを受けます。

海水の弱アルカリ性

前途のとおり海水は弱アルカリ性です。

髪は酸性には強いですが、アルカリ性には非常に弱いです

髪がアルカリ性に傾くと、毛髪内のイオン結合が緩み、膨潤(ぼうじゅん)します。結合が弱まるとその分、髪の強度は弱くなり、ダメージを受けやすくなります。

また、結合が弱まることで、毛髪内部の保水成分やタンパク質が毛髪外部に流出しやすくなります。

さらに髪がアルカリ性に傾いていると、熱などの化学変化の影響を受けやすくなります。

つまり、髪は海水にぬれると、非常にダメージを受けやすい状態になるのです。

夏の強烈な紫外線

紫外線が髪や頭皮に与える影響はバカにはできません。秋口に抜け毛が多くなるのは、夏の強い日差しが原因だとも言われています。

その紫外線が、海では海水面の照り返しや影となる障害物が無いため、通常より紫外線量が多くなります

しかも海水の弱アルカリ性により髪は膨潤していると、髪はよりダメージを受けやすい状態になっています。つまり、海水にぬれた髪は紫外線のダメージが強くなります

つまり海では、紫外線によるダメージが多く強くなる傾向があるのです。

大きなものは、この2つです。これら以外にも

  • 海水の金属イオン
  • 夏の強い日差しからの熱

などがダメージを与える原因として考えられます。

また、はっきりはした根拠はないのですが、海水の塩分による浸透圧も、髪が内部の水分(結合水)に何らかの影響を与えている可能性も考えられます。

そうでなくても、髪は真水でもぬれた状態だとダメージを受けやすいです。髪はぬれてないほうがダメージを受けにくいのです。

このような多くの要因により、海は髪に非常にダメージを与えやすい環境だと言えるのです。

海でのヘアダメージ対策

このように、海はかなりダメージを受けやすい場所なのですが、海水浴、楽しいですよね。

なので、海でできるだけダメージを防ぐ方法を集めてみました。

基本的にはプールの時の方法とよく似ていますが、以下にいくつかの方法をご紹介します。

なるべく海水に触れない

海水は髪に様々な影響を与えますので、根本的に髪が海水にあまりぬれなければ、ダメージを受けにくくなります

つまり、髪が海水にできるだけ触れさせないように工夫することで、海でのダメージを軽減することができます。

方法としては、いくつかありまして…。

帽子を被る、髪をアップする

簡単でお手軽な方法としては「帽子をかぶる」「髪が長ければアップする」などがあります。

帽子は紫外線対策としても有効です。

スイムキャップをかぶる

泳いだり潜ったりする場合は、プールのようにシリコン製のスイムキャップをかぶるのが有効です。

このとき髪を真水で先にぬらして被ると、さらにダメージを軽減する効果が期待できます。

保護剤を髪に塗る

海水や紫外線からの保護用にアウトバストリートメントやヘアオイルなどを髪に付けるという方法もあります。

ただし、この方法には2つほど注意点があり、1つは保護剤が付いた髪で海水に入ると、これらの成分が海水中に溶け出し、海を汚してしまう心配があることです。

近頃はこれら化粧品の成分も、自然分解できるものが増えてきたのですが、気になる方もおられると思います。ここらへんは個人の判断で。

もう1つは、海水浴後はよく洗うということです。

これらは製品によっては髪をコーティングしてしまいます。不必要なコーティングは髪のダメージの元です。

なので保護する必要がなくなったら、しっかりシャンプーして洗い流してください。

夏の日差し対策もしっかり

海水浴で海に入らなくても、海の照り返しなどで紫外線量は多いです。近年は昔にくらべて紫外線量も増えています。

夏の強烈な日差を防ぐため、何らかの対策もとっておいても損はありません。

おすすめは先ほどご紹介した帽子や、UVスプレーなどの紫外線対策が施された化粧品です。ただし髪に化粧品を付けるときは、先ほども書きましたが海水浴後はしっかり洗い落とすこと。

あとパラソルやサンシェードテント(ビーチテント)などで直射日光を避ける場所を作っておくと、一時的ですが紫外線や夏の日差しから髪を守ってくれます。

海水浴後はよく洗う

海水浴後はだいたいシャワーをすると思うのですが、そのとき十分すすいだり洗ったりして下さい

海の多くのシャワールームは〇分で〇〇円とお金がかかるので、さっと洗えるシャンプーを使ったほうが良いかもしれません。

シャンプーを使うにしろ使わないにしろ、すすぎは十分に。

ケアも忘れずに

海はどうしても髪を傷めてしまいます。なので髪のケアも忘れず施したほうがダメージの軽減につながります。

まず、海水はアルカリ性なので、皮脂が無くなっている場合もあります。なので、コンディショナーかトリートメントを海水浴後はしておいたほうが良いでしょう。

そして、できることならアルカリ除去剤などを使用すると、海のダメージに対して有効に働きます

アルカリが残留していると、髪にとっては「百害あって一利なし」です。それを除去する方法を用意しておけば、かなりのダメージ軽減を期待できます。

アルカリ除去剤は複数ありますが、何を言ってもこちらの「DO-Sアルカリオフ」が非常に良いです。

DO-S アルカリオフ 100ml
DO-S アルカリオフ 100ml
ヘアカラーやパーマ・縮毛矯正などでアルカリ性に傾いた髪は、ダメージの原因です。DO-S アルカリオフはアルカリを除去し、毛髪を等電帯(ph4.5~5.5)に整えます。
メーカー:DO-S
※ Amazonアソシエイト
楽天アフィリエイト

これをシャンプー前の濡れた髪に、適量を髪全体に優しく揉みこむように塗布。

そして、2〜5分置いてからシャワーでよく洗い流せば、髪のアルカリを除去してくれます。

海と髪のダメージについてのお話は以上です。

正直、海はプールよりダメージを受ける環境になっているので、ダメージを防ぐほうが難しいのです。

ですが適切に対策を取れば、かなりダメージを減らすことができますので、今回の記事を参考に、夏の海を楽しんでください。

参考リンク:
海水 - Wikipedia
広告

*1:これは海水の表面付近の pH で、海水は深くなればなるほど pH は下がり、北西太平洋亜熱帯域では水深1000m付近で約7.4と最も低くなります。(参考リンク:気象庁|海洋酸性化の知識 海洋酸性化