このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプー剤の成分と、その働きについてまとめ。単にシャンプーといっても、中身はけっこう複雑なのです。

ヘアケアの基本は自宅で行なう每日のケアだとは、以前の記事でお話しています。

そのヘアケアに欠かせないものがシャンプー、そしてリンスやコンディショナー、トリートメントなどです。

その中でも、やはり基本となるものがシャンプーです。髪が短い人の中にはリンスやトリートメントをしない人もいますが、シャンプーはほとんどの人がします。

つまりヘアケアの基本はシャンプーだと言っても、過言では無いのです。

とはいえ、シャンプーと言っても単に洗髪のことをシャンプーと言うこともあります。シャンプー剤を指してシャンプーと言うこともあります。日本語は文章の前後や雰囲気から意味を読み取るので、言葉にすると、たまにややこしいこともあります。

それに少し関連したリンク:

その中から今回は、私たちが一般的によく使われているシャンプー剤の成分についての話です。といってシャンプー解析サイトのようなことではなく、洗浄剤や防腐剤といった、もっと大まかなシャンプーにふくまれている成分の話です。

詳しく知っている方には少し物足らない内容ではありますが、よろしければご一読ください。

この記事の目次

シャンプー剤の成分と働き

シャンプーの成分は大きく分けて水と洗浄剤および洗浄助剤、そしてそれれ以外の成分です。

その他の成分には防腐剤や増粘剤、コンディショニング成分や毛髪保護成分などが入っています。この成分と洗浄剤の性質によって、シャンプー剤の質が決まると言ってもいいでしょう。

これらのうち、半分以上がだいたい水です。そして残りのさらに半分程度が洗浄剤と最も多く、残りがその他成分です。

シャンプー剤の性質は洗浄剤の影響が大きいですが、仕上がり感などの品質はその他の成分が大きく関わっています。その他の成分はシャンプー剤全体から見たら割合的には少ないのですが、シャンプー剤の質を決める重要な要素を担っています。

では、もう少し細かく、具体的に解説していきます。

目次へ

洗浄剤

シャンプー剤は髪の汚れを洗い流すことが目的なので、洗浄剤が最も多くふくまれています。

その成分はほとんどが界面活性剤で、髪の汚れでシャワーなどで流せない汚れは、だいたいが脂性の汚れなので、油汚れを落とせる界活性剤が使われています。

この界面活性剤は髪を傷めると言われます。実際それは本当で、逆に髪をダメージを与えない界面活性剤などありません。弱酸性だろうがノンシリコンだろうがボタニカルだろうが天然だろうが、界面活性剤は髪にダメージを与えます。

とはいえ、そのダメージを極々軽度におさえることができます。つまりシャンプー剤は、皮脂の酸化や汚れなどで髪や頭皮がダメージを受ける前に、ちょっとダメージを受けるがそれらを洗浄することで、髪や頭皮の健康や美しさを長持ちさせている、ということなのです。

ちなみにこの界面活性剤の種類で「アミノ酸シャンプー」や「弱酸性シャンプー」といったシャンプー剤の違いも生まれます。

目次へ

洗浄助剤

シャンプー剤にふくまれる界面活性剤の中には泡立ちや泡の持続性などがイマイチなものもあります。

その場合、洗浄剤を助ける意味で助剤(洗浄助剤)が配合されているものもあります。

目次へ

油性・脂質成分

界面活性剤は皮脂を取るので、それを補う意味で油分、つまり油脂類が入っている場合があります。

よく聞く「シリコン」もこの部類で、そのシリコンが入れず、おそらく別の油脂類が入っているか配合されてないかもしれません。

そのようにシリコンが配合されていないシャンプー剤を「ノンシリコンシャンプー」と言います。

目次へ

保湿剤

シャンプーをすると髪の保湿成分が失われることがあります。それを防ぐため保湿成分が配合されている場合があります。

目次へ

増粘剤

シャンプー剤の粘度を調整する薬剤です。

シャンプー剤は多少粘度があったほうが髪に塗布しやすいので、その目的で配合されている場合もあります。

目次へ

コンディショニング剤

言葉をそのまま訳せば「調整剤」です。

主に髪の状態を調整する成分のようです。髪のクシ通りや手ざわりといった仕上がり感を調整するために、配合されている場合もあります。

毛髪保護成分

界面活性剤などシャンプーは大なり小なり髪を傷めるので、それを保護するためにもPPT(ポリペプチド)*1などの保護成分が入っている場合もあります。

目次へ

防腐剤

シャンプーの成分には水などが使われていますので、保管状態によっては雑菌などが繁殖します。洗剤なのでそんなことは無いように感じてしまいますが、実際雑菌が繁殖してしまったシャンプーを見たことがあります。

なので品質保持のため、だいたいは防腐剤が入っています。入っていないシャンプーも作れなくはないでしょうが、おそらく使用期限がおそろしく短くなります。

昔は防腐剤の成分とかいろいろ問題になったりしましたが、現在は厚生労働省の厳し審査がありますので、ほぼ全ての防腐剤が比較的安全なものになっています。

目次へ

香料、着色料

シャンプーには香料や着色料も入っているものもあります。

最近の風潮で合成着色料が入っているものは少ないでしょうが、多くは商品のイメージ(海なら青、植物なら緑というふうに)に合わせて何らかの着色料は入っています。

香料は男性向けのシャンプー剤には無香料などもありますが、女性向けシャンプー剤にはほぼ入っていて、女性のシャンプー選びでは香りも重要な要素になることもあるので、多くのものに配合されています。

目次へ

その他の成分

これら意外には『pH調整剤』や『金属イオン封鎖剤(キレート剤)』、あと薬用シャンプーや育毛シャンプーなら『薬効成分』や『育毛成分』など、実に様々な成分があります。

目次へ

これら成分を、その目的やイメージに合わせて、絶妙な割合で配合して作られています。この割合が少しでも変わると、そのシャンプーの使用感や性質がガラリと変わってしまうとも言われています。

目次へ

このようにシャンプーは、様々な成分が配合されており、それが絶妙な配合で目的の効果を発揮するように作られています。そうです、実は作るのがとても難しい商品なのです。

聞いた話では、一つのシャンプーを作るのにも、研究のためにかなり時間と労力とお金がかかるそうです。

逆に言えば、私たちは彼らのような企業努力のおかげで、每日清潔でキレイな髪を維持できています。

やはり、人間の科学・努力・知恵は、すごいものですね。

広告

*1:タンパク質を分解して小さくした成分