このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーの頻度や回数を真剣に考えた結果、洗髪頻度や回数はその人によって変わることが分かった話。

インターネットでは周期的に話題となるネタがたまにあります。そんな感じで最近、シャンプーの広告に書かれたシャンプーの頻度の移り変わりという内容が話題となりました。

ちょっと前、1900年代の前半では、シャンプーの頻度は週一回や月二回だったのです。もっとさかのぼれば1カ月に一度や、それ以上の頻度になるそうです。

シャンプーを每日のようにするようになったのは、実はつい最近で、朝にシャンプーをする「朝シャン」なども1987年に新語・流行語大賞(新語部門・表現賞)を取っています。

それに同時に、界面活性剤を使ったシャンプー剤を每日使うのは大丈夫なのか、という疑問も生まれています。「ノー・プー」、日本では「湯シャン」などといった、シャンプー剤をできるだけ使わないようにする方法も話題になっています。

本当のところは、いったいどうなんでしょう。そこらへんの情報を集め、シャンプーの頻度や回数について、じっくり真剣に考えてみました。

、記事の一部を修正)

この記事の目次

シャンプーの頻度や回数を考える

シャンプーの洗う頻度や回数などを考えるとき、何を基準にしたら良いかなと考えたら、やっぱり頭皮と髪の状態です。

洗髪の目的が臭いや雑菌の繁殖など、衛生管理が目的です。衛生(えいせい)とは「健康を守り、病気の予防をはかること」であり「清潔に保つこと」です。

つまり、髪や頭皮の衛生の観点から、どのラインで洗髪するか、または、してはいけないのか、ということですね。それによって、シャンプーの頻度、回数、方法が変わってきます。

このことに関しては皮膚科の先生など専門の方々が、「三日に一回」ぐらいで良いと意見をのべています。このことは、これらのサイトに書かれています。

参考リンク:
目次へ

なぜ三日に一回なのか

この「三日に一回」の根拠として書かれていることに、どちらの記事も常在菌のことに触れています。

ここで言う常在菌は簡単に言え皮膚の表面上に人と共存している菌たちのことです。ちなみに腸内細菌も常在菌*1。この常在菌は皮脂を乳化させたり弱酸性にしたり、病原菌から体をまもってくれたりします。

この常在菌は、皮脂内に住んでいるため、お風呂やシャンプーなどで皮脂と一緒に洗い流されてしまいます。調べたところ、洗髪をすれがお湯だけでも90%ほど、シャンプー剤や石鹸を使えば95%近くの常在菌が洗い流されると言われています(常在菌は皮脂と毛穴の中にいるので、たぶん皮脂がこれぐらい流されるのだと思います)。

失った常在菌は残った常在菌が再び増殖して元の数に戻るのですが、元に戻る前に洗ったりすると常在菌の数はさらに激減。これを繰り返せば常在菌のバランスが崩れ、様々なトラブルの原因になるそうです。*2

目次へ

常在菌が元に戻る時間

この常在菌が元に戻るのにかかる時間ですが、これがちょっとまちまちなのです。

30分から2時間ぐらいというのもあれば、12時間や一日をかけて元に戻ると言っているところもあります。

水での洗顔で皮膚表面の細菌はほとんど流れ落ちてしまったかのように見えます。
しかし、通常は毛穴の中などに残っていた菌がすぐに増え始め、30分から2時間ほどで元に戻ります。

常在菌について

石けんを使うと、一回の手洗いで、皮膚常在菌の約90パーセントが洗い流されると報告されています。ただし、1割ほどの常在菌が残っていれば、彼らが再び増殖し、12時間後にはもとの状態に戻ることもわかっています。

"手を洗いすぎる"と風邪を引きやすくなる (藤田 紘一郎) (2/4) | プレジデントオンライン

常在菌は、シャワーを浴びるだけで80%近くが、お風呂に入るだけで90%近くが、さらに洗うことで95%近くが洗い流されていなくなってしまうと言われています。
しかし、常在菌は人間と共生したいがために、運良く残ったった5%が必死の思いで1日をかけて仲間をやっとこさ増やして元の数に戻しているのです。

洗髪の回数を減らしたら、頭臭が少なくなりました

(太字は強調目的で、筆者が独自に追加しました。)

このように元に戻る時間に違いがあるのは、常在菌(皮脂)の摂取場所(手や頬といった違い)や、個人差、時期や年齢、性別や環境などいろいろ考えられます。

目次へ

これらを見れば「三日に一回」というのも、なんとなく分かります。これだけ個人差があれば、常在菌の戻る時間からみて一日一回でも不安があります。

また、海外の人は三日で一回ぐらいでも髪や頭皮のトラブルが増えたなどの報告は無いそうです。なので、そこらへんも参考にしているのかもしれません。

それでも「三日に一回」の科学的な根拠が見当たらないので、なんかデータとか論文とか無いのかな~とは思いますが(笑)

それにこれらの情報は、おそらく皮膚の情報です。皮膚と頭皮は基本は同じですが、頭皮は毛穴の数と密集度がかなり違います。

それに髪は皮膚より油脂類との結びつきが強いです。つまり髪は皮膚より皮脂が落ちにくい。

それを考えたら、これら皮膚の情報と「同じ」としても良いのかどうか、正直分かりません。つまり、よく分からないのです。

とはいえ「常在菌は一日をかけて元に戻る」ということらしいので、逆に言えば「皮膚の状態は一日あれば元に戻る」と言えます。洗い過ぎなど頭皮に何のトラブルも無ければ、一日何もしなければ自然と元にもどるとも言えます。

目次へ

まとめ

結局の所、シャンプーの回数はその人次第と言えます。つまり、人の数だけ適したスタイルがある。

それに皮膚科の先生方によると「每日洗う必要は無い」と言っていますが、「洗ってはいけない」とは一言も言っていません。衛生環境を保つためには、洗髪は必要なのだと推察します。

皮膚科の先生方の話を見ると、頭皮に問題を生じている方の悩み対する解決策の一つです。前述のリンク先(シャンプーは3日に1回で - にいざわ皮ふ科)にも、こう書かれています。

シャンプーが大好きでとにかく毎日洗いたいあなたや、脂性で毎日洗髪が欠かせない方を批判しているのではありません。疲れて毎日のシャンプーも負担だとか、頭皮がかさかさでかゆいのがシャンプーのせいと気がつかない人までが、毎日洗わされている現状がおかしいと思っているのです。自分の頭皮を観察して、自分の生活の現状に合わせて、適正なシャンプーの回数を見つけてみてはいかがでしょうか。

シャンプーは3日に1回で - にいざわ皮ふ科

つまりその時、その個人に合ったシャンプー法が大事だということです。これはその人の体質、環境、性別、年齢、仕事、ライフスタイルなどなど、それぞれによって変わってきます。

またシャンプーは、私たちの生活に非常に密接に関係しています。そのため「考え方」や「思想」や「ポリシー」なども関係してくることもあります。「自然環境のために界面活性剤は使わない」などとかです。

そうなるともう、何が1番で何が良いとは決めつけにくい。なので「これが正解」と断定することは非常に難しいのです。

そこで今回の記事で集めた情報を、以下にざざっとまとめて書いておきます。シャンプーの頻度や回数、方法の選択に役立ててください。

目次へ

【その1】シャンプーは一日一回でも大丈夫

洗浄した常在菌が元の状態に戻るのには、一日ぐらいかかります。ということは、特別何の異常が無ければ、一日一回程度ならシャンプーしても構わないということです。現に私は每日シャンプーしている人を何人も見ていますが、それら全ての人の髪や頭皮に異常があるようには見えません。

よくシャンプーの洗浄力や成分の話なども聞きますが、上記のように一日で戻るなら常在菌に限ってはどんな洗浄力でも大差ありません。

それに最近のシャンプーは品質も良くなり、洗浄力もマイルドになってきているそうです。なので頭皮にかゆみなど異常が出ない限り、あまり気にしなくていいかも知れません。

どちらかと言えば、すすぎ不十分によるシャンプー液の残留のほうが気になります。なのでシャンプー後のすすぎは、十分すぎるほどしっかりするようにして下さい。

髪や頭皮によいシャンプー法は検索すればいろいろ出てきますが、個人的に1番信用できるシャンプーの仕方はこちらのサイトに詳しく書かれています。ご参考にしてください。
do-s55.com

目次へ

【その2】二、三日に一回でも良い

とは言っても、その人ごとの体質でいろいろあるのが髪や頭皮です。皮脂の分泌量や頭皮の状態によっては每日するのはしんどいこともある。また疲れている日や「めんどくさい」と感じる日もある。

皮膚科の専門医の方々は二、三日に一回でも構わないといっています。どちらかと言えば、こちらのほうが良いような記事内容です。

という訳で、每日洗わなくても大丈夫です。ニオイや髪のベタつきが気になる場合は、先ほどの先生方の記事にも書いていますが、間の日に湯シャンなどしたら少し抑えることもできます。

またシャンプー後ぬれたままだと雑菌が繁殖しやすいですので、すばやく乾かすとニオイを少なくできるかもしれません。乾かし方については、またまたこちらの記事が参考になります。
do-s55.com

目次へ

【その3】湯シャンなどでも良い

自然環境や体のことを思って温水シャンプー、つまり「湯シャン」といったノーシャンプー(いわゆるノー・プー)も良いと思います。筆者である私も、二、三か月ほど湯シャンで過ごしたことがあります。

「シャンプー剤を使わない」ということでは、もっと選択肢があります。小麦粉シャンプーや重曹シャンプーなどいろいろあります。ただしこれらは情報がけっこう多く、間違えば逆に髪や頭皮に悪影響を与える場合も考えられますので、情報の選択には注意してください。

また湯シャンといっても万人合う訳ではなく、皮脂を過剰分泌する体質の人など、体質や仕事などで合わない人もいます。ニオイも常在菌が繁殖すればニオイはしなくなると言われていますが、こういうのは個人差がかなりあるので全ての人がそうだとも言い切れません。

ちなみに私が湯シャンを止めたのも、そのニオイを指摘されたからです。それに湯シャンで有名な芸能人の方々も、全て湯シャンだけですましている訳ではなさそうなので、湯シャン自体もやり方・使い方次第のようです。

目次へ

【その4】一日二回以上は注意

ただ、晩にお風呂で洗って朝もシャンプーするといった「朝シャン」など、一日に二回以上シャンプー剤で洗うのはさすがに洗いすぎです。

医学的にも常在菌が元に戻る前に洗浄するので、あまり良いとは言えません。

この場合、洗い方(夜は湯シャンで朝はシャンプー使用など)を工夫したりすれば頭皮や髪にも負担は少なくなるので、いろいろ工夫すると良いでしょう。

目次へ

結論:シャンプーの頻度や回数は、工夫次第で調整できる

少々記事が長くなりましたが、今回の記事は以上です。

結局のところ、シャンプーの頻度や回数はやり方次第で調整できます。医学的な意見である「皮脂の常在菌は一日かけて元の状態に戻る」というのを心にとどめ、あとはご自身の環境や体質、考え方などを考慮して、自分にとって最適なシャンプーの頻度や回数・方法などを導き出せばよいと思います。

最後に、私個人はと言えば、最近は平日に整髪料を付けることが多いため平日は一日一回シャンプーをして、休日など週に一度は湯シャンをして髪と頭皮を休ませています。「週に一度休ませる」いうのはメイクなどでよく聞く話ですが、これ髪にも有効だと思っています。

今回のお話しは以上です。何かの参考になれば幸いです。

あ、ちなみに男性型脱毛症(AGA)の発症率は四分の一世紀前から約30%とほぼ変わっていないので、シャンプーといった生活環境の変化は薄毛や抜け毛にあまり関係していないというのが、基本的には通説です。

広告

*1:参考リンク:常在菌 - Wikipedia

*2:ちなみに「常在菌が全て無くなった」という記述は見当たりません。おそらく毛穴の奥に生息しているものがいて、それが生き延びるのでしょう、たぶん。