このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャンプーやトリートメント、リンスやコンディショナーなどで使われている、界面活性剤とは何か。

以前、シャンプーの成分コンディショナーやトリートメントなどの成分の話をしたのですが、それらにふくまれているものに界面活性剤があります。

ヘアケア製品と界面活性剤は深い関係がありますが、実はシャンプーやリンス・コンディショナー・トリートメントなどだけではありません。整髪料や化粧品などなど…。実に様々な製品、薬剤に界面活性剤は使われています。

いったい界面活性剤とは何でしょうか?

今回はその界面活性剤についてのお話です。

界面活性剤とは

そもそも界面活性剤とは、界面を活性する薬剤です。すごく簡単に言えば、通常では決して混ざらない水と油を混ぜる働きを持つ成分です。

簡単な例では「マヨネーズ」です。

マヨネーズはお酢と油、それと卵でできていますが、この卵が油を細かく包み込むことでお酢と分離することなく均等に混ざることができます。

また牛乳は自然の状態で水と油とが混ざっているのですが、そこにふくまれているタンパク質が界面活性剤の働きをしています。

この界面活性剤には、水や液体の表面張力を弱める作用も持っています。これは簡単に言えば水が浸透しやすくなる働き(湿潤作用・浸透作用)のことで、水でもなかなか直らない頑固な寝癖がシャンプー剤を使えば簡単に直ったりするのは、この作用の影響もあります。

またホコリやフケのような細かな固形物を包み込んで水溶液中に混ざりやすくする分散作用という働きも持っています。

ちなみに先程の牛乳のように水と油が混ざる作用は乳化作用と言います。

これらのような働きによって、界面活性剤は汚れを落としたり乳化させたりと多くの製品で使われています。

界面活性剤の種類

この界面活性剤は種類があります。現在、界面活性剤には、その界面活性剤が水に溶けている状態によって4つの種類に分けられます。

アニオン(陰イオン)界面活性剤

洗浄力が強く、起泡性もよいため、洗剤などでよく使われています。一般的に洗剤と言えばこの界面活性剤で、シャンプー剤も髪の汚れを洗い流す洗剤なので、この界面活性剤がよく使われています。

アニオン(陰イオン)と付いているのは、この活性剤が水の中ではアニオン(陰イオン)の極性になるためです。

洗剤は昔、まだ製造技術が未熟だったため自然や人体にも害があるものが作られていたそうです。

ですが、現在においては製造技術の向上と、国の厳しい管理、そして消費者ニーズの影響から、普通に使えば自然にも人体にも影響がないものが使われているはずです。

弱酸性系シャンプー

シャンプーは洗浄目的なので、余分な皮脂や角質を柔らかくできるアルカリ性に傾いたものが多いのですが、髪や皮膚の pH*1 に合わせて弱酸性にしているシャンプーがあります。これらを弱酸性系シャンプー、または単に弱酸性シャンプーなどと言います。

皮膚の pH に近いので低刺激だと言われ、洗浄能力が弱いとされています。

アミノ酸系シャンプー

シャンプー剤の中にはアミノ酸系シャンプー、または単にアミノ酸シャンプーと呼ばれるものがあります。

これらは界面活性剤の分子にアミノ酸が付いている界面活性剤です。アミノ酸とはタンパク質の元になっている成分で、このアミノ酸がいくつも合わさってタンパク質となっており、髪や肌もタンパク質です。

アミノ酸系のシャンプーの界面活性剤の仕組みは、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分との間にアミノ酸が配置されている構造になっているようで、これにより従来の界面活性剤とは違う様々な効果が期待されています。

上記の弱酸性系のシャンプーと同じく低刺激で、洗浄力が弱いとされています。

カチオン(陽イオン)界面活性剤

先程とは違い、水の中ではカチオン(陰イオン)となる界面活性剤です。

洗濯の柔軟剤など成分で、柔軟性をあたえたり、静電気防止などといっか働きがあります。

またマイナスに電荷しやすい繊維などに吸着し、薄い油膜を作り出す働きもあり、特に髪はマイナスに電荷しやすいため、カチオン界面活性剤の吸着が非常によいです。

その特性を利用してトリートメントやリンス・コンディショナーなどで多く使われていてます。

また、殺菌効果の高さから、弱酸性系の石けん(逆性石けん)として使われたりしています。

しかし、その吸着性と刺激性から、その危険性が問題視されることもあります。

ですが、現在は製品品質の向上により、普通に使えば特に問題は生じないそうです。

両性界面活性剤

混ざる液体によってアニオン(陰イオン)にもカチオン(陽イオン)、またはその中間(中性)になる界面活性剤で、アニオンとカチオンの両方の特徴を持ちます。

シャンプー剤などでは泡立ちを助ける起泡剤などで使われたりします。

また、先ほどの弱酸性系やアミノ酸系といった低刺激シャンプーなどでも使われたりしています。

ノニオン(非イオン)界面活性剤

上記の界面活性剤とは違い、水の中でもアニオンやカチオンといったものにならない界面活性剤です。

つまりイオン化しない界面活性剤で、他の界面活性剤や溶剤の pH の影響をほぼ受けません。

なので、乳化および乳化状態を安定させる作用が他の界面活性剤より高いです。

そのため、製品の乳化剤や乳化安定剤として使われることが多いです。

以上が界面活性剤の種類と、その特徴です。

髪や頭皮に関係が深いのはアニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤ですが、両性界面活性剤やノニオン界面活性剤もヘアケア製品や整髪料といって多くの化粧品に使われています。

いろいろあって、ちょっとややこしいですね。特に弱酸性やアミノ酸系のシャンプーは、その名前からアニオン界面活性剤では無いと昔は勝手に思っていたのですが、その成分によっては(ココイルグルタミン酸ナトリウムなど)アニオン界面活性剤のものもあったりします。

まあ、普通ならあまり気にしなくてもよい話かもしれませんが、ちょっとした豆知識として参考になれば幸いです。

広告

*1:pH については、こちらのページで詳しく書いています。