このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

トリートメントやリンス・コンディショナーの成分や働きについて、簡単にまとめてみました。

以前、シャンプーの成分と働きについての記事を書いたのですが、今回はトリートメントやリンス・コンディショナーの成分や働きについての記事です。

トリートメントやリンス・コンディショナーの目的は、シャンプーが販売された当初は髪の毛の静電気防止や、柔軟性などの髪の仕上がり感を調整するためです。

最近ではシャンプー剤の質がすごく向上しているため、無理やりトリートメントやリンス・コンディショナーを使わなくても良い場合もありますが、同時に近年ではヘアカラーやパーマなどで髪がダメージを受けている人が多くなています。

そのような時代の変化に合わせて、最近では特にトリートメントに重要が高まり、その成分も時代に合わせて変化しています。

トリートメントの成分と働き

では、最初はトリートメントです。

トリートメントはリンスやコンディショナーと違い、基本的には髪の内側に働きかける成分が多くふくまれています。

界面活性剤

界面活性剤と言えばシャンプー剤などの洗剤に使われていますが、トリートメントでも界面活性剤は使われています。

トリートメントで使われている界面活性剤は、シャンプーなどの界面活性剤と違いカチオン(陽イオン)系界面活性剤といい、簡単に言えば洗濯で使う柔軟剤みたいなものです。

この成分は柔軟剤と同じように髪に柔軟性と静電気防止効果を与えます。これにより髪は広がりにくくなり、しなやかにまとまりやすくなります。

乳化剤

界面活性剤の能力の一つに水と油を混ぜる効果があります。

トリートメント剤はシャンプーなど他の製品に比べ、油性・脂質成分が多くふくまれています。そのため、その油分と、他の水や水溶性成分とが分離しないように、水と油を混ざりやすくする乳化剤が配合されている場合もあります。

毛髪保護タンパク・アミノ酸成分

髪はほとんどがタンパク質でできているのですが、ダメージによりそのタンパク質が失われることがあります。

この失ったタンパク質を補う目的で、これらタンパク質由来の成分が配合されている場合もあります。

最近ではヘアカラーやパーマなどで損傷毛も増えています。その影響で「ダメージを受けた髪をケアしたい」という消費者のニーズに応える形で、髪の補修が期待できるこれら成分がトリートメントには多くふくまれています。

油性・脂質成分

シャンプーで洗い流された皮脂や、ヘアダメージによって失われて毛髪内部の脂質成分を補う目的で、トリートメントには油性成分・脂質成分もふくまれています。

皮脂の代わりに毛髪表面にツヤやなめらかさを与えたり、髪の毛をしっとりした仕上がりにしたりします。

コンディショニング成分

髪のツヤや手ざわり、くし通りなどを良くするため、髪の仕上がりを調整する成分がふくまれています。

その他成分

その他、製品によっては紫外線を吸収する紫外線吸収剤。製品を安定させるための「防腐剤」や pH を調整する「pH調整剤」、その他「香料・着色料」といった様々な成分が入っています。

リンス・コンディショナーの成分と働き

続いてリンスとコンディショナーですが、実は成分的にはトリートメントとあまり変わりがありません。

しいて言うなら、リンスやコンディショナーは髪の表面に働きかける成分が多くふくまれています。

界面活性剤

リンスやコンディショナーにも、トリートメントと同じようにカチオン系界面活性剤が配合されています。

もとろんカチオン系界面活性剤の効果である柔軟性と静電気防止効果を与える働きがあります。

特にリンスは髪の表面に作用する働きを強くするため、髪の表面に吸着するカチオン系界面活性剤の種類や量が多く配合されている傾向があります。

また前途のトリートメントと同じように、乳化剤として両性界面活性剤が配合されている場合もあります。

油性・脂質成分、コンディショニング成分

リンスやコンディショナーにも、髪の仕上がりを調整するために油性・脂質成分やコンディショニング成分が配合されています。

トリートメントほど髪の内側に作用する成分は入っていませんが、髪の表面に作用し、ツヤやクシ通りなど仕上がりを調整する成分が多くふくまれています。

製品によっては、コンディショナーなどに髪の内側に作用する成分がリンスより若干多くふくまれているものもあります。

その他成分

その他「防腐剤」「pH調整剤」「香料・着色料」など、様々な成分がふくまれています。

上記の二つを見て頂ければ分かりますが、基本的にはトリートメントとリンス・コンディショナーの成分はよく似ています。

違いは「髪の内側に作用する成分」が多いか、少ないかです。これは近年、ダメージヘアが急増しており、「ヘアダメージをケアしたい」というニーズに合わせてのことですね。

これら成分の質や量、配合のバランスなどで、その製品の質感・ツヤ・手ざわり・風合いといった仕上がり感を出しています。

その企業の研究やポリシーなどによって、実に様々なトリートメント・リンス・コンディショナーがあります。目的や用途、好みに合わせて、あなた合った、あなた好みの製品を選んでください。

広告