このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

リンスインシャンプーて何? 仕組みは? などについて、いろいろまとめました。実はけっこう化学的な仕組みなのです。

ずいぶん昔に流行した商品に「リンスインシャンプー」があります。

シャンプーとリンスが同時にできる画期的なシャンプーだったのですが、「髪が傷む」や「仕上がりが悪い」などの理由で、あまり見かけなくなったシャンプーです。

現在でも販売されていて、幼児用の洗髪料にも使用されています。なるほど、子供のシャンプーはたいへんですものね。一回すればシャンプーもリンスもできるリンスインシャンプーは効果的です。

また、「リンスのいらないシャンプー」も、意味的にはリンスインシャンプーだと言えなくもないです。

このリンスインシャンプーですが、単純にシャンプーとリンスまたはコンディショナーを混ぜても、できるものではありません。

試していただけたら分かりますが、シャンプーとリンスを混ぜると、シャンプーの効果とリンスの効果のどちらも無くなるか、かなり弱くなります。つまり混ぜてもリンスインシャンプーにはならないのです。

いったいリンスインシャンプーとは何でしょうか? 今回はそんなリンスインシャンプーのお話です。

リンスインシャンプーとは?

リンスインシャンプーとは、その言葉どおり、リンスが入っているシャンプーです。

正確に言えば、髪のコンディショニングや静電気防止といったコンディショナーやリンスに配合される成分が、多く配合されているシャンプーです。

これらの成分が配合されているため、シャンプーだけでコンディショナーやリンスを使ったような仕上がり感になるはずのシャンプーです。

このリンスインシャンプーは、1980年代後半ごろに大流行しました。

当時は朝にシャンプーする「朝シャン」が大流行。その朝の忙しい時間にシャンプーとリンスが同時にできるリンスインシャンプーは、テレビCMの影響もあって大流行したのです。

こうして見るとシャンプーとリンスが同時にできるリンスインシャンプーはメリットだらけのように感じます。

ですが、実際に使用してみると、洗浄力はイマイチ、仕上がり感もイマイチでゴワゴワになる方が多かったのです。

特に仕上がり感の悪さは致命的で、それがリンスインシャンプーが世間一般に普及しなくなった原因の一つだと考えられます。

リンスインシャンプーの仕組み

リンスインシャンプーの仕上がりが悪くなる原因は、実はリンスインシャンプーの仕組みが関係しています。

このリンスインシャンプーには、シャンプーの中に洗浄剤の邪魔をしないコンディショニング成分がふくまれているのです

このコンディショニング成分には、大きく分けて2つの成分があります。

毛髪保護成分

トリートメントなどにも配合されている成分で、髪を保護する成分です。

成分的には油分やシリコン、PPT や保湿成分など、いろんな成分がこの成分に該当します。

ただ、この手の成分は配合しすぎると洗浄効果を落とすことがあります。

なので、トリートメントなどほど多くは配合されていません。

高分子化したカチオン界面活性剤

従来のリンスやコンディショナーに配合されているカチオン界面活性剤より、分子の数が多いカチオン界面活性剤です。

このカチオン界面活性剤は分子量が大きいため、水にすぐ溶けたりしません。特に洗浄剤であるアニオン界面活性剤は分子量が小さいため、このアニオン界面活性剤より後に水中に溶けるようになっています。

この高分子化したカチオン界面活性剤が髪に吸着することで、静電気を防止し、髪に柔軟効果を与えます。

これを見た感じでは、洗浄したあとリンスの成分が効果を発揮しますので、上手くいきそうな感じがします。

ですが、実際はこんな複雑な仕組みが上手く機能することは少なく、だいたいは高分子化したカチオン界面活性剤が効果を発揮する前に水ですすぎ流してしまうか、高分子化したカチオン界面活性剤が髪に吸着しすぎて髪がゴワゴワになるかの、どちらかになることが多いのです。

これだと、シャンプーの後にリンスやトリートメントをしたほうが洗髪もしっかりできて、仕上がりも確実に良い状態になりますので、結局こちらを選択する人が多くなった、という事なのです。

ちなみにリンスインシャンプーの仕組みについては、こちらのサイトで詳しく書かれています。もっと詳しい仕組みに興味ありなら、こちらが非常に参考になります。
chemieaula.blog.shinobi.jp

まとめ

シャンプーとリンスが一緒にできるリンスインシャンプーは、忙しい朝でも一回でちゃんとリンスもシャンプーもできる、つまり朝シャンの流行の影響で流行した所もあります。

ですが、化学的によくできた仕組みでも、それが上手く機能することは少なく、また、この後にはソバージュやヘアカラーなど髪が大きくダメージを受ける時代がやってきます。

それらのヘアダメージをリンスインシャンプーのコンディショニング力だけではカバーしきれませせん。そんな時代の変化もあって、リンスインシャンプーの人気はどんどん無くなっていきました。

それでも「リンスをしなくていい」というメリットは非常に大きく、今でもいくつかリンスインシャンプーが販売されています。

海のうるおい藻 リンスインシャンプー ジャンボ 520mL
海のうるおい藻 リンスインシャンプー ジャンボ 520mL
「芯からうるおい手触りなめらかな髪」へ導くヘアケアシリーズ。11種類の海藻成分、海洋深層水配合。新配合のタラソ美容液成分が保湿+キューティクルを整えなめらかな手触りへ導きます。
メーカー:クラシエ
※Amazonアソシエイト
シーブリーズ リンスインシャンプー600ml
シーブリーズ リンスインシャンプー600ml
爽快な洗い心地で逃避を清潔にし、フケ・かゆみをとり、指通りも軽いスーパーサラサラに洗い上げるリンスインシャンプー。植物由来の髪救助・保護成分(小麦プロテイン・保護補修アミノ酸・カンフル)配合。
メーカー:資生堂
※Amazonアソシエイト
熊野油脂 馬油リンスインシャンプー 600ml
熊野油脂 馬油リンスインシャンプー 600ml
馬油成分が傷んだ髪の奥深くまで浸透し指通りのよいしなやかな髪に洗いあげ、保湿成分アルガンオイル配合で、しっとりとうるおいのある髪に導きます。
メーカー:熊野油脂
※Amazonアソシエイト

また、子供用のリンスインシャンプーも、容器にキャラクターがプリントされたものもあります。

リンスインポンプシャンプー ディズニープリンセス
リンスインポンプシャンプー ディズニープリンセス
髪と頭皮をやさしく洗う、目にしみにくい弱酸性のリンスインシャンプー。リンスインタイプだから、お子様の髪の毛を簡単に洗えます。フレッシュフローラルの香り。
メーカー:バンダイ
※Amazonアソシエイト
リンスインポンプシャンプー ミッキー
リンスインポンプシャンプー ミッキー
簡単に片手で押せるポンプタイプのリンスインシャンプー。ピーチの香り。
メーカー:バンダイ
※Amazonアソシエイト

リンスインシャンプーの仕組み上、使用量と洗い流すタイミングがバッチリだったら洗浄効果とリンス効果のどちらも発揮できます。

個人的には、その仕組みから見てベストな使用量と時間で、1回で洗うのが1番効果的ですが、そうそうベストな使用量と時間を見つけることは困難どと思います。

なので、1回少量でささっと洗ってみて、洗髪効果またはリンス効果が足らないと感じたならまた少量でもう1回と、何回か試しながらベストな使用量と洗髪時間を見極めていくと良いかもしれません。

使用量が多く、時間もかかると、水中に溶け出す高分子のカチオン界面活性剤が多く吸着する可能性がありますから、少しずつ具合を見ていく感じです。

あと、リンス成分(カチオン界面活性剤)が入っていますので、地肌に対する薬効成分が配合されてない限りは、あまり頭皮に付けないほうが良いかと思います。

最近の成分は昔に比べてだいぶん改善されてきているようですが、念のため頭皮にあまり付かないようにしたほうが良いでしょう。

もちろん、すすぎはしっかり行ってください。

現在はすっかり少なくなってしまったリンスインシャンプーですが、この時に開発された技術は生きていて、今や多くのシャンプーに「シャンプーにコンディショニング成分を配合する技術」が使われています。

なので現在のシャンプーは、シャンプーだけの仕上がり感もかなり向上しています。

こうして考えると、シャンプーの製造技術や品質は、時代と共に常に進化し続けているのですね。

広告