このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪と頭皮の紫外線(UV)対策を考える。夏は特に量が多くなるので、とても注意が必要です。

髪も日焼けする。この言葉をご存知でしょうか?

ネットの広がりと共に情報の広がりも大きく早くなったので、このご存知の方も多いと思われます。

上記のとおり、日光は肌だけでなく、髪にも影響をおよぼすのです。

その原因となるのが紫外線

特に夏場は、紫外線の量が多くなるので注意が必要です。

紫外線と髪と頭皮

紫外線は UV*1 とも言われ、肌ではシミやソバカス、皮膚の老化を進める要因だと言われています。

この紫外線は髪にもダメージを与えます。これは様々な実験等から実証されたいます。また肌に影響がありますので、とうぜん頭皮にもダメージが生じます

ただ、紫外線が髪にダメージを与えるメカニズム自体は、現段階()では分かっていません。

紫外線を多く浴びた髪は、キューティクルに空洞化が生じ、強度低下やキューティクルがはがれ落ちるといったダメージが起こります。

リンク:毛髪の紫外線ダメージ 評価指標とダメージケア - J-Stage

また、毛髪を構成しているアミノを酸化させ、別の物質へと変化させます。

特に、髪の強度に関係しているSS結合(シスチン結合)を切断・酸化させますので、髪の強度が大きく低下するばかりでなく、パーマや縮毛矯正がかかりにくくなる可能性もでてきます。

その他、髪の乾燥・手触り(表面の粗雑化)・色素や光沢への影響があり、またヘアカラーなどを施していると、ヘアカラーの色の変化(退色)を進める原因にもなります。

また9~10月頃の秋口は、髪の自然脱毛が最も多い時期です。

一年を通して見ても6月頃から9~10月頃と脱毛量が多く、これは日射量との何らかの関係があるのではないかと言われています。

そもそも強い紫外線は、肌と同じように頭皮に乾燥や老化、炎症といった悪影響を及ぼしかねません。

なので量が多くなる夏場は、紫外線に対する注意を特に心がけたいところです。

髪の紫外線対策

髪はダメージを受けると、今のところ元に戻りません。トリートメンがあるじゃんと思う方もおられますが、多くは一時的に成分を補ってごまかしているだけで、正確には元に戻していません。もう少ししたら本当に修復できるトリートメンが出るかもしれませんが…。

どちらにしても髪のダメージを必要最小限で抑えるのが、美しく健やかな髪を維持する基本です。

なので紫外線対策も、今のところ「紫外線を出来るだけ浴びない」というのがダメージから逃れる基本となります。

日傘や帽子などで遮る

一番手っ取り早く、効果的なのは物理的に紫外線をふくむ日光を防ぐ、つまり髪を日光に当てないようにすることです。

つまり、日傘や帽子などで紫外線を防ぐのです。実はUV対策としては、この方法が一番オススメだったりします。

後で出てきますが保護剤などを使う方法とは違い、髪に特別何かを付けなくても良い方法です。髪は基本的には何も触らない・しないほうがダメージが少なくなるので、UVカットといった日焼け止め化粧品より髪への影響がやさしいです。

ただ、日傘や帽子を持ち歩く煩わしさや、帽子なら服装との合う合わないがあり、けっこう面倒くさかったりします。

また室外プールや海水浴、スタンドやフェスなど混雑する所など、その場所や状況によっては日傘や帽子が適さない場面もあります。その場合、大きめのタオルなどを頭にかぶせる、などといった対処法もありますが、これらが出来ないシチュエーションもあるかと思います。

日焼け止めを使う

UVカットやサンスクリーン剤といった日焼け止め化粧品を使うことで、紫外線から髪を守ることもできます。

ただ、日焼け止め化粧品といってもいろいろあります。スプレータイプからジェル・クリームなどと様々です。

どのタイプを選ぶにしても、髪に使う場合は「石けんで落とせる」や「子どもでも使える」といった水溶性のものが良いでしょう。

ウォータープルーフタイプなど汗でも落ちにくいものだと、髪に余分な皮膜を作ってしう可能性があります。皮膚とは違ってこれら成分は髪に吸着しやすく、シャンプーでも洗い落としにくい場合があるので注意が必要です。

ただ、落ちにくいものは持続性が高く、紫外線防止も強力に働くので、海やプールといった紫外線が強い場所での使用は良いかもしれません。

これは不可逆である紫外線のダメージと比べたら、後でしっかり皮膜を洗い落とせば大丈夫なはずの落ちにくい日焼け止め化粧品のほうが、受けるダメージだまだマシだという考えからです。

ちなみに紫外線(UVA・UVB)の防御力( PA・TPP や SPF )の測定法は、肌を使って測っていますので髪では勝手が違うかもしれません。なので、これら数値は過信せずにマメに塗り直したほうが紫外線を防げると思います。

また、日焼け止めは通常塗ってから30分程度経たないと十分な効力を発揮しないそうです。必要になる直前に塗るのではなく、その少し前に塗っておいたほうが良いでしょう。

参考リンク:
サンスクリーン剤 - Wikipedia

以上が髪への紫外線の影響から、紫外線を防止するための方法についての話です。

夏の紫外線はかなり強力です。なので紫外線対策はしっかりしたいところですね。

ところで、よくネットでは「髪は肌の5倍紫外線のダメージを受ける」と書いているところが多いのですが、この根拠が分かりません。

調べたところ「2 ( 3 ) 倍~5倍以上」と書いている記事があり、そこから「5倍」だけ取り出したのでしょう。

確かに髪は顔や肌より太陽に近い位置、つまり上部にあり、しかも顔や肌とは違って前後左右、そして上というあらゆる方向から紫外線を浴びやすい構造です。

なるほど、たしかに髪のある場所から考えたら紫外線を浴びる量は多い。車や家の屋根が劣化しやすいのと同じ理屈ですね。

でもそれって、一日中太陽光を動かず浴びるという条件下での話すよね。そんな状態、普通の人ではありえない。

たしかに髪の毛は頭皮を守る役割がありますから、顔や肌よりは太陽光からのダメージを受けやすいのかもしれません。

ですが、5倍やそれ以上は、それなりに条件がそろわないと、そこまでいかないと思うのですよね。

やはり「5倍」だけ抜き取って書くのは、注目を集めるために大げさに書いていると考えられます。

広告

*1:ちなみに UV とは「Ultra Violet」の略で、可視光線の紫色の外側という意味で「紫を超えた」という語から来ています。