このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

シャワーの温度は何℃が適切? ぬれた髪と熱から科学的に考えた、洗髪時に髪にとって最適な水温の話。

お風呂の温度を何度にすればいいか――そんなことを考えたこと、ありませんか?

ネットで調べればいろいろありますよね。目的によっても違います。リラックスならぬるめ、目を覚ましたいなら熱めという風にです。

では、髪の毛はどうでしょう?

髪のお風呂と同じ温度でいいのでしょうか? それとも違う?

今回はそんな疑問が解決するかもしれないお話です。

ぬれた髪と熱の関係

髪はほとんどタンパク質でできているので、皮膚がヤケドをするように、髪も高い温度ではダメージを受けます。

それでも、乾いている状態では熱にそこそこ強いです。100℃のヘアアイロンでセットしても、ダメージが無いわけではないのですが、気にならない程度です。*1

ただしこれは乾いている状態で、しかもダメージが少ない健康毛での話です。ぬれた状態では話が変わってきます。

これは諸説あるのですが、ぬれた髪はだいたい50~60℃ぐらいまでなら受けるダメージが極めて少ないと言われています。

通常、お風呂やシャワーで50℃の温度だとかなり暑いですよね。なので頭を洗うのに50℃以上は現実的にはあり得ません。

「なんだ気にしなくてもよいのか」と思った方、安心してはいけませんよ。

パーマ・カラー後などは注意

通常なら問題ないのですが、実は条件次第ではダメージが受けやすくなります。

それは、髪の pH がアルカリに傾いていると、髪にダメージが出やすくなるということです。

髪がアルカリに傾むくのはパーマやカラー、そして海水浴などです。

これらの影響で、髪がアルカリ性に傾いていたり、髪にアルカリが残っていたりするとき(いわゆる残留アルカリ)は要注意です。

髪がどれだけアルカリ側に傾いているかにもよるのですが、この状態の髪は熱にかなり弱いです。どれぐらい弱いかと言えば(これも諸説ありますが*2髪のpHによっては40℃前後でも何らかの影響が出るとも言われています。

いったい何度が最適か

現代ではパーマやカラー、特にヘアカラーは多くの方が行っています。

そして湯シャンなどシャンプー剤を使わない人はいても、髪は毎日のように洗います。

この「毎日洗う」というのもポイントです。これが月数回程度なら少々影響があったとしても、ダメージとまではいかないはず。

ですが毎日、例えば1年間カットせずに伸ばしたら毛先には365回も洗うことになります。この間ずっと軽度のダメージを受け続けますと、1回程度では目で見えないような微量のダメージであっても、365回頃には目で見えるダメージとして表れていてもおかしくはない。

これらを考慮すると、髪を洗う最適な温度は次のようになります。

基本は38℃

基本的には38℃がいいでしょう。よく言われていますので、ご存知の方も多いかと思います。

なぜ38℃かと言えば「皮膚が乾燥しない」とかいろいろ言われていますが、いろいろ総合的に考えて、1番ダメージを受けない温度が38℃なのです。

ぬれた髪は通常なら50~60℃以上にならない限りほぼ大丈夫なのですが、先程も出ましたが髪がアルカリ性だと40℃ぐらいでも髪がダメージを受ける場合があります。

ですが、40℃前後以下なら、その可能性も比較的低くなります。となると39℃ではまだ不安。つまり38℃程度なら適温となるのです。

実際、40℃前後の温度でダメージが出るようなpHは9ぐらいで、これらは理美容室のパーマやヘアカラーの薬剤ぐらいでしかなく、理美容室での施術後にしっかりアルカリ除去をしてくれてれば大丈夫なのですが、「残留アルカリ」という言葉があるぐらい残留しやすいもの。

なので、徹底的にダメージをおさえる、という意味での38℃なのです。

ちょっと念を入れすぎな気もするでしょうが、髪のダメージは皮膚とは違い、現段階ではダメージを受けると修復はできません。なので、できるだけダメージを受けないようにすることが、現在のヘアケアの基本です。

40℃位でも大丈夫?

ただ38℃というのは髪がアルカリ性になる可能性を考慮しての話です。そのような可能性が無い場合、もう少し高温でも良いはずです。

特に40℃は皮脂が溶けはじめる温度だと言われています。シャンプー剤を使わない湯シャンなどでは、皮脂コントロールのために水温は重要な要素です。

ただ、40℃以上になると頭皮の皮脂も流れ出やすくなり、頭皮が乾燥するという話もあります。

これらは体質や体調、季節などでも変わってきますので、ご自身の体と相談しながら温度を調整すると良いかもしれません。

このように書きましたが、実際は髪にアルカリが残留しているかどうかを判断するのは難しかったりします。

理美容室でパーマやカラーをしていなくても、海に入ればアルカリ性に傾きますし、プールでもアルカリ性に傾く可能性は無いわけではない。

関連リンク:

またホームカラーなど、髪がアルカリ性に傾く要素は、けっこうあったりするのです。

先程も書きましたが、できるだけダメージを受けないようにするのがヘアケアの基本で、それを考慮しての38℃です。

とはいえ「これが絶対。何が何でもこの温度でないといけない」という訳でもありません。

38℃はぬるめの温度ですので、冬場とか体調によっては寒い場合も。そんなときはパーマやカラーの後などでは無いかぎり、少し高めの39℃前後でもかまわないと思っています。

参考リンク:
www.rakuten.ne.jp

42℃前後のちょっと熱い湯はシャッキ!と目をさましてくれます。このような高温のシャワーをあびて頭をスッキリするのは良いですが、髪を洗うときは38℃前後のぬるめの温度のほうが髪には優しいです。

髪は、毎日の何気ないことでダメージが蓄積されていくのですが、逆にちょっとしたことだけで解消することもあります。

髪はぬれるとほんと弱くなりますので、基本的に洗髪時はぬるめの温度で洗うのが良いでしょう。

ちなみにこの理屈では、温度がさらに低くければダメージは受けにくくなることになります。

温度が低ければ髪や頭皮の汚れが落ちにくくなる、洗う時間が長くなりゴシゴシこするダメージが増えるなど考えられますが、個人的には体温ぐらいの36〜37℃程度など、カゼをひかない温度なら大丈夫だと思っています。

洗い方によるダメージは、優しく洗うなど洗い方でダメージをおさえられますからね。

ですが、やはり汚れは温度が高いほうが落ちやすいので、38℃ぐらいが適温だと思っています。

広告

*1:それでも厳密には80℃~100℃ぐらいから何らかの影響がではじめ、髪の強度が弱くなり始めるそうです。

*2:諸説が多いのはおそらく、①髪質が個人差によるバラつきが大きい②髪に関する科学的データ自体が少ない、ということだと思います。