このサイトのロゴアイコン メニューボタンのデザイン用ライン はてなブックマークのロゴアイコン フェイスブックのロゴアイコン ツイッターのロゴアイコン はてなブログのロゴアイコン メニュー用アイコン 1 メニュー用アイコン 2 メニュー用アイコン 3 メニュー用アイコン 4 メニュー用アイコン 5 メニュー用アイコン 6 「目次へ」リンクのアイコン
髪の専門家が語る、髪の毛のお役立ち情報
広告

髪の毛はどうして弱酸性なのか、その理由を解説。じつは髪の成分であるアミノ酸が関係しています。

髪や肌は弱酸性なので、弱酸性のシャンプーが良いとよく聞きます。

ですが、こちらの記事のように pH を測るには水分が必要です。肌も髪も pH を測る水分が無いため本当は測れません。

では、どうやって測っているのかといえば、肌はその表面にある汗と皮脂が混ざった皮脂膜からです。

つまりお肌の pH とは皮脂膜の pH のことです。

では髪はどうかと言えば、髪が水分をふくんだときの表面や内部にある水分の pH です。

これがだいたい弱酸性を示しので、弱酸性だと言われています。

この水分が、どうして弱酸性を示すのでしょうか? 今回はその髪と弱酸性の話です。

髪が弱酸性をしめす理由

髪にふくまれた水が、なぜ弱酸性になるのか、という話をするには、まず髪の主成分であるケラチンというタンパク質の話をしなければいけません。

このケラチンに含まれるアミノ酸に、髪が弱酸性をしめす理由があるのです。

髪のタンパク質と、アミノ酸

タンパク質は、その構造上いくつものアミノ酸が結合してできています。

髪の場合、18種類のアミノ酸が結合してできています。どんなアミノ酸があるのかは、こちらの記事に書かれています。

アミノ酸は、それぞれの一部分ずつが結合することで、何十、何百という長い分子を作っています。

ですが、結合している部分はアミノ酸の一部分です。結合していない他の部分もあるのです。

アミノ酸の pH

次にアミノ酸は、それぞれに固有の pH を持っています。

pH があるということは水に溶けるということなのですが、髪の主成分であるケラチンは、多くのアミノ酸が結合していますので、水には溶けません。

ですが、アミノ酸自体には水に溶ける性質を持っています。そして、水に溶けるということは、アミノ酸には pH があるのです。

アミノ酸には複数の原子が結合しているため、pH は、その構造の違いで、アミノ酸こどに pH に違いがあります。

※pHについては、こちらをご参照ください。

その中でも、アミノ酸の「アスパラギン酸」や「グルタミン酸」は、水溶液中で負の極性が強く表れます。

なので、これらは水溶液中では酸性を示します。

それとは逆に、「アルギニン」、「リジン」、「ヒスチジン」は、水溶液中で正の極性が強く表れます。

これらは、水溶液中ではアルカリ性を示します。

これら2つは、酸性を示すものは酸性アミノ酸、アルカリ(塩基)性のものは塩基性アミノ酸と呼ばれています。

これら、酸性やアルカリ性をしめすアミノ酸はケラチンにもふくまれています。

これらイオンになる部分は、一部は隣り合うケラチン分子と電気的に引き合い、結合します(イオン結合)。

ですが、中には結合せずに、そのままの状態のものも、あります

それらが、髪が水分を吸収することで水と反応し、pH を示すのです。

これらは、髪のケラチンにふくまれているアミノ酸の種類と量から、弱酸性をしめすことが多いのです。

だから、「髪の毛は弱酸性」だと言われてるのです。

まとめ

この様な理由で、髪は弱酸性を示します。

ちなみに、このアミノ酸のイオン化は、水溶液の pH によって、そのイオン化する量が変化します。

先ほどの書いたイオン結合は、イオンの電気的性質で結合しているのですが、pH の変化でイオン化のバランスが崩れると、結合が切れてしまうことがあります。

つまり自然の状態の pH、つまり弱酸性の状態が一番結合が安定するのです。

「髪に弱酸性が良い」という理由は、こういう理屈です。

ところで、髪のアミノ酸には個人差があります。

つまり、みんな同じ数、同じ割合のアミノ酸が結合している訳ではないのです。

そのため、酸性やアルカリ性をしめすアミノ酸の割合や量も変わってきます

これはつまり、髪の pH にも個人差がある、ということになります。

よく髪の pH は「4.5〜5.5」ぐらいだと言われているのですが、pH が 1 ほど開いているのは、そのためです。

しかも、これは平均的な値です。個人によっては、もっと酸性に傾いた pH、もっと中性に近い pH があっても、おかしくありません。

また、元はアミノ酸ですので、食事の栄養バランスでも変わる可能性も否定できません。栄養が長期により偏ることで、pH を表すアミノ酸に変化が生じることも考えられるからです。

何が言いたいかといえば、単純に弱酸性だからといって、全ての人に良いという訳では無いということです。

髪の毛には個人差があるので、その髪に合う状態というものにも個人差があります。

弱酸性のシャンプーなどで、イマイチ髪や頭皮が改善されないときは、その弱酸性の pH が実は合っていないという可能性もありえます

そこら辺も考慮して、製品の選択肢の幅を広げても良いかと思います。

広告